2018年03月26日

アスペルガーの相談が多い理由

私は、カウンセリング業務の中で
発達障害相談を受けていて
ADHDとアスペルガー対応が
メインになっていますが

当事者の立場でも
周囲の立場でも
アスペルガーの相談が多いです。

その理由は、

当事者の立場で考えると
アスペルガータイプの人は
【変人に思われたくない】
思っている人が大半で

言葉にはしないものの
心の中ではドキドキしています。

ADHDタイプの人は
自分がみんなと違うと思っていても
【問題として重要視できない】
特性を持っているため

相談に至るまで時間がかかり
アスペルガーに比べると
相談件数が少なくなっているのだと
私は考えています。

また、真面目で
自分に興味を持ちやすい
アスペルガーだから
カウンセリングの継続が期待でき、

飽きっぽさを持ちやすい
ADHDでは継続が困難です。


では、周囲の立場としては
どうでしょうか。

アスペルガーの人は
一見おとなしく
人当たりが
良さそうに思えますので
多くの会話を重ねながら
「???」が増えていって
ようやくアスペルガーだと
分かる感じです。

仕事では、
与えられた業務については
熱心にコツコツとこなし、
完璧を目指す人たちですから
特に分かりにくいと思います。

ADHDの人は
ミスが多く落ち着きもなく
最初からその違いが
分かりやすいので
周囲の人は初めから
サポート体制を整えられます。


周囲の立場としての相談は
「なぜ、こうなるのか?」という
アスペルガーの特性について
疑問解決と対応の相談が
とても多く、
ADHDと比べると
【心の準備ができない】ため
動揺させられることばかりで
相談に至るのかもしれません。
369-free-pictograms.jpg
いずれにしても
定型発達の人からすれば
【予測不可能な行動や言動】
戸惑うことばかりですから

精神的に負担が
大きいかもしれません。

本来であれば本人の問題なのに
本人が重要なことだと
認識できないことで
周囲が困っているのは否めません。

今はアスペルガーの相談を
多く受けていますが
ADHDの人たちも
【改善は望めるので】
私としては遠慮なく
相談に来て欲しい気持ちで
いつも待っています。
posted by whereabouts長谷 at 08:24| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: