2018年04月19日

忘れっぽいのを直したい

発達障害の傾向を
持つ人たちの中には
「すぐ忘れるから」
それによって自分が困ったり
周囲を困らせたりして
自信や信頼を失ってしまう
というケースが少なくありません。

忘れて困ったことさえ
忘れるくらい酷い人もいれば
特定のことだけ
なぜか忘れる人もいます。

これは、
記憶力とは違うので
なかなか改善することが難しく
【身につけていくしかない】
課題になります。

身につける、とは
【体が自然に動く状態】
目指していくということで
最初から可能ではありません。

まず一番最初に身につけるのは
【視野に文字を入れる
   クセを付けること】
から始まります。

例えば、
スマホのアラーム機能で
毎日同じ時刻に設定します。
その時間になったら
・メモを見る
・チェック表を見る
・手帳を見る
といった、
【見ること】を癖付けます。
lupe.png
その中には
・今日の予定
・やることリスト
・忘れ物チェック
といったことが書かれていて
忘れることの予防として使います。

ですから、
リストなどの作成が必要ですね。
その作成方法が分からなければ
誰かに相談しながら試してみてください。

最初から完璧にはいきません。
ある程度できるようになっても
【誰でも時々は忘れる】ので
100%を目指さないで
少しずつ改善していきましょう。

周囲の方も
この支援方法を活用してみてください。
posted by whereabouts長谷 at 08:37| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: