2018年05月08日

起立性調節障害ってご存知ですか?

思春期のお子さんを持つ方には
ぜひ読んでいただきたい記事です。

まだ私も
きちんと理解できていないものですから
簡単に説明しますね。


この起立性調節障害は、
思春期あたりに起きるもので
ホルモンバランスの変化などによって
【自律神経に異常】
起きるのだそうです。


具体的な症状ですが、
個人差がありますけれど
朝が弱い人っていますよね。

その【重症版】といった
イメージで言えばいいでしょうか…
自律神経の働きが悪く、
寝起きに
【血流が回復しないので】

・めまい
・吐き気
・立ちくらみ

こういった症状が現れます。

体内時計にずれがあるので
特に午前中の調子が悪く
学校に行けなくなる子も
たくさんいます。

活動のピークが夕方からなので
夜や深夜はとても元気で
また、翌朝は体調が悪くなります。

このことで
出席日数が足りなくなったり
友達に会い辛くて
引きこもりになる子供もいます。
怠け者と言われることも…。

もし自分の子供が
こういった状況になっていたら
親としては
「夜更かしするからよ」なんて
思ってしまいがちですよね。

ですが、
この病気の子供は
【早寝しても改善しない】のです。

もし、病院を受診しても
医者が気づかない場合には
精神科に回されて
【うつ病の診断が下りたら】
抗うつ剤などを投与されて
【悪化する危険性】
あるみたいです。
541-free-pictograms.jpg
なので、
この情報は
なるべく多くの人に
知れ渡るように
読んでくださったあなたも
誰かに伝えるようにしてください。

今後、私ももう少し
詳しく勉強していきたいと思います。

ご協力、お願いいたします。
posted by whereabouts長谷 at 08:10| Comment(0) | 子育ての参考に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: