2018年05月21日

承認欲求が強い人

好きな相手や、仲良くなりたい相手に
良いところも悪いところも
自分のすべてを話したがったり、

自分の興味のあることを
延々と話し続けるタイプの人がいます。

相手が話したい事さえ
さえぎってまで話し続け、
相手が嫌な顔をしてもおかまいなしで
ひたすら話し続けるタイプです。

こういった人たちは
・自分を分かってほしい
・自分を受け入れてほしい
・自分を認めてほしい
といった気持ちがとても強いので

【自分のすべてを知ったうえで
     受け入れてほしいから】
人の話に耳を傾けられないのです。


自分にしか興味がないわけではありません。
むしろ【自信のなさ】
表れなのかもしれません。
maruo_love2-360x360.png.pagespeed.ce.WDkors__vs.png
ただ、
聞いている側も疲れますよね。
常に聞き役に回って
こちら側の話を何も聞いてもらえないと
「自分って何なんだろう…」と
虚しくなってしまうこともあるかもしれません。


このタイプの人とうまく付き合うには
【ルール作り】が重要なポイントになります。

例えば、
・一つ話したら一つ聞く
・この話は〇分間続けてOK
・発言したくなったら軽く手を挙げる

といった双方での約束事を取り交わします。

その約束事が守れなかったら
その時間は終了となり
時間に延期されます。


発達障害の傾向を持つ人に
よく見られるタイプの人なのですが
【愛情不足で育った人にも】
よくあるパターンです。

愛情不足と言っても
単に親子関係のことではありません。

【思春期のいじめ】なども
きっかけになりやすいです。

いずれにせよ
承認欲求の強い人は
【自分の居場所を
   探している】のだと
考えてあげると良いかと思います。

物理的な居場所は
どこにでもあるけれど
【精神的な居場所探し】をしていて

まだ、
【安定した場所が
   見つからない】のです。

それを踏まえたうえで
【適度な距離感を
      調整しつつ】
付き合っていけばきっとうまくいきます。
posted by whereabouts長谷 at 09:16| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: