2018年06月07日

選択肢を捨てるのも選択の一つ

カウンセリングを受ける人たちには
それぞれが、色んな事柄について
悩み続けています。

解決できることと
解決できないことと
先延ばしにできることと
できないことと…

カウンセラーと一緒に
対応法を考えながら
解決に向かって進んでいくのですが


特に、
カウンセリングの受け始めに
多く見られるパターンとして
【選択肢を認めない】
という傾向の人がいます。
candy3-479x360.jpg.pagespeed.ce.mFZm4M5Mih.jpg
カウンセリングを受ける前に
色々なことを自分で試して
上手くいかなかったから
それはあきらめた、という
タイプの人もいれば

その方法は未経験だから
自分には不可能だという
タイプの人もいます。

簡単に言えば
・石橋を叩き続けるか
・石橋を叩かず渡るか
・他の橋を渡るか
といった
人それぞれのやり方です。


それで、
思いついたことを
カウンセラーとクライエントが
お互いに提案し合ったときに
片っ端から認めず
「それはできません」と
【選択肢を捨てるのも
      一つの選択肢】
だと言えます。

つまり、
【何も選ばない選択】
言い換えるなら
【今は動きたくないです】
言っていると判断できるのです。

それは悪いことではないですよ。
【そこに理由があるのだから】
その理由を
追求してみれば良いのです。
上記の考え方を
適用してみてはいかがでしょうか?

こちらの提案やアドバイスが
何も受け入れられないような
理由が存在しているから、
その時には提案よりもまず
【その人の
   心境について話し合う】
ことについて優先してみてくださいね。

コミュニケーションは
注目する点をずらすことで
対立することなく円滑にできます。

ぜひ、参考になさってください。
posted by whereabouts長谷 at 09:40| Comment(0) | 相談事例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: