2018年06月09日

なぜ子供を否定してしまうのか

子育ては本当に大変です。
赤ん坊のときは、
気に入らなければギャーギャー泣くし
ちょっと大きくなったと思ったら
何でもかんでもイヤイヤ、で、
そのやり方と言ったら
理不尽以外の何ものでもない。笑。

それでも、寝顔はかわいくて
天使のようで、
時々白目をむいて悪魔のようで。笑。

できることなら
嬉しいことだけ、楽しいことだけ
幸せなことばかりを経験したいものです。


それでも現実では
子供との関係に悩む人は多く、
決して良いばかりではありません。

小学校、中学校…と成長する
子供のやっていることなんて
親の目線から見れば
否定したくなるようなことばかり。

心配のあまり
つい口出しもしてしまうことでしょう。

こんなとき、
親としてどう気持ちの整理をつけるのか。

それは、
【幼少時代の
   関係性を解消する】
というところがポイントになります。


幼少時代までは
特に母親は、
自分の分身であるかのように
身近に子供を置いて育てます。

身の回りのことを教えたり
簡単な勉強を教えたり
【一緒に成長している感覚で】
数年間を過ごします。

学校に行くようになると、
子どもにとっては
【新しい社会を知る】ことなので
親の知らないことも増えていきます。


だいたい小学校の
高学年くらいでしょうか。
このあたりから特に
「否定的な」感覚に
陥りやすくなります。

・親自身の当時を振振り返り
・親の物差しで判断し

子供のやることなすこと全部
納得がいかなくなってしまいます。

だけど、
どんなに自分が産んだ子供でも
【血のつながり以外は他人】です。
shoyama20161214-240x360.jpg.pagespeed.ce.WfOIb6_PoC.jpg
他人と言っても、身内ですが
【同じ人生は歩めません】
【人生を交代できません】
親は、子供たちの人生の
【一部にしか存在しない】のです。

それをしっかりと理解し
受け止めることができた時には
子供の言い分に
耳を傾けることができますし
否定も肯定もなく淡々と
【話し合える関係が築けます】

親子関係に
悩んでいる人は、
今一度、振り返ってみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:17| Comment(0) | 子育ての参考に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: