2018年06月17日

人の死を悼みなさい

生きていれば、年齢とともに
誰かとの「死別」の体験が
増えていくものです。

その別れに
慣れることは決してなく
残された者にしか味わえない
とてつもなく
深い悲しみが伴います。

ここでは
【突然の別れ】について
書いていきます。


例えば、
突然の事故や自殺などで
身近な人が亡くなった時
【別れのための
    心の準備】など
誰にもできないもので
本当に急すぎて
状況が理解できなくて
【きちんと悲しめない】
という人も多くいます。

でも時間の経過とともに
理解が進めば
悲しみを経験しますし
別れの痛みも味わいますよね。


ただ、中には
【正しく悲しめない】
というケースもあって

・死の原因が自分だと責める
・忙しすぎて悲しむタイミングを逃す
・悲しい気持ちを否定する(される)

このような状況で
何年も経過してしまうと
亡くなった人と
別れられなくなる
可能性があるので注意が必要です。


どういうことかというと
本来の別れは
故人は心の中にいても
亡くなったという認識があって
思い出になっていくものですが

正しく悲しめなかった人は
【思い出すことができない】とか
【忘れてはいけない】などと
人との別れに対して
【健全ではない考え】
持ってしまう可能性があるのです。


少しややこしいかもしれませんが
どのような死別であっても
「きちんとお別れをする」ことは
必要なのです。
DSC_0180-240x360.jpg.pagespeed.ce.TVIvVL2tpP.jpg
もしも今、
このような辛さを抱えている人は
カウンセリングを受けるなどして
気持ちの整理をすることを
おすすめします。
posted by whereabouts長谷 at 09:27| Comment(0) | 心の健康を保つ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: