2018年07月08日

人が忘れてしまう理由

中国四国地方では、大雨による災害で
大変な状況になっていますね。

私の実家も断水していて
でも水を送っても
配送業者が動けないですし
何もできないまま
見守っているところです。

飲み水よりも
トイレやお風呂の水に
困っている人が多そうです。


さて、タイトルのお話。
IMG_8252-540x360.jpg.pagespeed.ce.10spQieA5Q.jpg
大災害などが起きて
日本がパニックになって
でも数年たつと
忘れてしまう人ばかりです。

だけど、本当は
【忘れるしかない】というか
それをずっと恐れていると
【心の病気になってしまうから】

人は【自分を守るために】
忘れてしまう生き物なのです。

もちろん
常に準備を怠らないに
越したことはありませんが
いつ何が起きるか分からない
恐怖に怯えて生きていれば
【日常生活に支障を来します】

だから、
忘れてしまうことを
頭ごなしに責められないのです。


実際、東北の震災後から
我が家でも少しの準備を
継続してきていますが
他のご家庭でも同様、

賞味期限の近づいた
非常食を食べながら
新しいものを補充する生活が
苦しくてたまりませんし、
非常食って高いから
【節約できない】ですよ。

私たちは
どんなふうに
過ごしていけば良いのでしょうね…。
自然相手に立ち向かうなんて
人間の力など
弱っちいものです。

その弱っちい人間同士が
争っているのだから
みっともない。
…なんて考えてしまいました。

まずは、
今回被災された方に
お見舞い申し上げます。

また、
亡くなられた方の
ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by whereabouts長谷 at 12:53| Comment(0) | 心の健康を保つ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: