2018年08月09日

ネガティブなことしか言えない

昨日まで、久しぶりに
ちゃんとしたお休みをいただきました。

今回のお休みに
ご協力いただけたみなさまに
心から感謝申し上げます。

本日より、
通常業務に復帰いたしますので
よろしくお願いいたします。


それでは本題に入ります。

辛いことや悲しいことがあると
誰もが愚痴りたくなりますし、
そのことに囚われてしまって
口から出てくる言葉は
【ネガティブなものばかり】に
なってしまいがちです。

中には、友達などに
心配をかけたくないから…と
遠慮する人もいますけれど
心の中はネガティブだらけです。

でも、どうして
ネガティブな言葉が
出てくる人とそうでない人が
いるのでしょうか?

それは、思考のタイプが
違うということが一つ挙げられます。

もともと小さいころから
【ネガティブなことばかり考える】
タイプの人であれば
【世間話すらネガティブ】です。
138-free-pictograms.jpg
例えば、その人の親が
世間話的にネガティブな話ばかり
していたとしたら、
人の悪口ばかり言っていたとしたら、

子供の立場として聞いていた人は
それが世間話なのだと思って
似たような話をすることでしょう。

それで、相談事例などでは
「人が離れていく」という内容の
相談があるのですが、
その中の何割かは
【ネガティブな雰囲気に
      嫌気をさされる】
想定されるものもあります。

つまり、
【人間関係を良くするには
  ポジティブな考えも必要だ】
ということです。

「あの人は自分の話ばかり。
 口を開くと悪いことしか言わない。
 こっちが病んでしまいそう。」

このような周囲の発言は
実は少なくないのです。

私がよくお伝えしていることは
【自分の周りを見渡せば
    自分の像が見えてくる】
ということです。

その人の周囲に
ワガママな人、依存の強い人、
甘えの強い人などが多ければ
その人はネガティブかもしれません。

だからといって
【100%ポジティブなんて
    誰もが無理な考え方】です。

白か黒、という話ではなく、
考え方の偏りを改善しつつ
【発信する量を調整しましょう】

そうすると、
自然と人間関係が変わってきます。

その逆に
ポジティブすぎる人は
【軽い付き合いしかできない】
という悩みを持っていることがあります。

そういうときは
自分のネガティブな部分に
時々向き合ってあげましょう。

バランスの取れた人間関係が
自分の心を軽くします。
【適当】という良い言葉を
心がけるようにしましょう。
posted by whereabouts長谷 at 06:09| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: