2018年08月11日

ケンカを売っていると勘違いしている

人間関係を上手くやり過ごすため
人に嫌われないようにするため

相手の気持ちを察するようにし、
相手の気分を害さないように…と

人との付き合いの中では
気を遣ってばかりです。

だから自分の
【考えや気持ちは後回し】
ニコニコとやり過ごしながら
【心の中で反発し】
一人で気分が悪くなったり
帰宅後にモヤモヤしたりして
ストレスが溜まってしまいます。

溜まったストレスは
【他の場面で放出されます】

例えば、仕事のストレスが
【家庭への不満に
    置き換えられて】
家の中の雰囲気が
悪くなってしまったり、

その逆に
家庭内で抱えるストレスが
【職場内でのいじめに
    置き換わったり】

【その場で
  解決できなかった
       ストレスが】
別の場所や人間関係に
悪い影響を与えてしまうのです。

だけど、その人にとっては
置き換わった意識は薄く、
自分の不満の出し方を
【正当化してしまいます】

そのことを、ある日
自覚してしまったときは
「なんてひどいことを
  してしまったのだろう…」と
自分を責めてしまうかもしれません。

そうならないためにも
【その場で解決する】という
考え方への転換が大切です。

その際、
自分の気持ちを伝えること、
自分の意見を言うことが
【ケンカを売っているのではないか】
という感覚に囚われる人が多く、

そのため、
相手の意見に反論できなかったり
相手の望む答えどおりに
言葉を発しようとしてしまうのですが

【意見はあくまでも意見】であり
それは
【自分にも相手にもある】のです。

意外と、
自分の意見が言えない人は
【自分以外の人に対して
       反発心が強い】
かもしれません。

意見を言う=ケンカを売る

という公式を持っているのなら
相手が意見を述べても
ケンカを売られている
気持ちになる可能性があるからです。
460-free-pictograms.jpg
もしくは、自分など
【意見できる
  立派な人ではない】
という超否定的な考えを
持っているかもしれません。

それでも私たちは
【同じ人間です】

そして
それぞれの持つ意見は
【異なっていないと
   意味を成さない】
考えてみてください。

もし、世の中の意見が
一つに統一されていたら
今の日本が想像できますか?

今、目に映るものすべてが
【異なる意見の
  組み合わせでできた世界】
認識できませんか?

大げさな表現をすると
そういうことなのです。

ですから、
あなたの意見は貴重です。
誰かと違っていてもいいのです。
それぞれの違う考えや思いが
【良いものを生み出す】
可能性を秘めています。

ぜひとも、
前向きに受け止めてみてください。
そして、
あなたの気持ちを大切にしつつ
【誰かの気持ちも大切に】
思ってあげてくださいね。

そうすれば
意見対立からのケンカなど
よほどのことがないかぎりは
起こらないのです。
改めて振り返ってみてください。
posted by whereabouts長谷 at 09:22| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: