2018年08月18日

流れる会話が理想

アスペルガータイプの人は
会話の一部が気になると
そこに囚われてしまい
・論点がずれる
・話が滞る
・結論が出ない
といったことが
起こりがちです。

ADHDタイプの人は
思いついたことを
どんどん話したくなるので
・結論なしの雑談
・原点に戻れない
・脈略がなさすぎる
といったことが
起こりがちです。

先日、お客様と話していて
「あ、この表現使おう♪」と
思いついたので
この記事を書いているのですが、

会話というのは、
ポンポン跳ねても
留まってしまっても
【お互いが満足できない】
状況を生み出してしまいます。

【川の水を
  イメージしてください】
img140927_18-240x360.jpg.pagespeed.ce.8yidd0-lel.jpg
緩やかに流れる水は
澄んで、心地よい音がします。

荒れた川は
危険で飲み込まれそうです。

流れのないところでは
水が澱んでしまっています。

これを
上記の会話に当てはめると、
心地よい会話は
【連続体であるものの】
【適度な流れを保ち】
【留まって澱まない】
と表現できると思います。

発達障害の傾向を持つ人が
会話をイメージするときに
考えてみてほしいのです。

普通に会話が苦手な人も
このイメージで
考えてみてください。

自分の会話は、
・どこで流れが変わるか
・どこで留まってしまうか
会話を繰り返すごとに
【パターンが見えてきます】

【ほんの一部を
   見直すだけで】
流れがスムーズになるので
きっと
会話が楽しくなると思いますよ。
posted by whereabouts長谷 at 15:04| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: