2018年08月30日

子供の立場で考えてみる

カウンセリングでは
子育てにかかわることで
・何を考えているか分からない
・何も話してくれない
・相談してくれない

といった
親の立場からの相談事例が
数多くあります。
IMG_8687-150x100.jpg.pagespeed.ce.yrk8QI64Yv.jpg
詳しく話を伺う中で
色々な疑問を投げかけ、
さまざまな矛盾に気づき
でも、
【子供が大きくなるほど
      修正不可能に】
なりやすいことにも
気がついてしまいます。


例えば、
本来は向き合うべき
タイミングなのに
「思春期なんてそんなもの」とか
「先生や友達に頼るだろう」などと
親としては
【見守っているつもりの】ことは、

意外と、子供の立場からは
【ほったらかしに
    されている】
感じてしまうことも
多いものです。

「だったら相談しなさい」と
親なら言うでしょうね。

それも子供の立場では
【どうせ否定される】
【考えを押し付けられる】
【気持ちを分かってくれない】
などと思ってしまうことも多く、

最終的には
【口を閉ざしたほうが楽だ】
という方法を
選択してしまうのです。

これが、
子供のことが分からなくなる
メカニズムの一部です。

今、小さいお子さんを
育てている親御さんは、
【自分に正直に】
【反省できる自分を作り】
【大人ぶらない対応で】
子供と向き合うことを
お勧めします。

【教える=偉そうぶる】
という公式を
捨ててください。

そして、
子供がすでに
大人への道の完成時期にいる
親御さんは
【関係修復まで
   20年待つくらい
     待つつもりで】
ほどほどの
  距離を取ってください。

ムリに修復しようとすると
子供は大人になりきれず
中途半端な立ち位置に置かれ、
【気持ちの整理が
     できません】

特に実家暮らしでは
さらに重要なことで、
【自立心に影響します】

率直に表現しますと、
子供が生まれたからと言って
【親の自覚は不要】
私は思っています。

それ以上に大切なのは
【同じ人として
   対等な扱いで
      育て上げる】
ことだと思います。

主観が色々と入りましたが
お役に立てると幸いです。
posted by whereabouts長谷 at 09:48| Comment(0) | 子育ての参考に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: