2018年09月17日

誰かに相談した方がいい理由

カウンセリング業を営む私は
人に相談される立場ですが、
そのような立場を取り払っても

誰もが悩んだりしたときには
【人に相談した方がいい】
思う理由についてお伝えします。

相談する相手は、
【相談内容にふさわしい人】
あることが大前提ですが、

まず、
【自分の考えや気持ちを】
表現する機会が増えます。

最初は言葉に詰まるかもしれません。
言いたいことが
まとまらないかもしれません。

それでも落ち着いてゆっくりと
感じたままの言葉を
アウトプットし続けることで
【表現力が身につきます】

次に、
自分ひとりで悩み考えていると
何か考えが浮かんだとしても
【主観しか出てこない】ので
その先に
【偏りが生じやすい】
考えられます。

ですから、
誰かに聞いてもらいながら
その人の考えも聞かせてもらい
それを参考にしつつ
自分の考えがまとまったとき、
【主観以外の考えが含まれる】
可能性が高まるので
考え方の偏りが軽減されます。

それだけではありません。
誰かの考えを聴くことは、
意外と覚悟が要るのです。

それを受け入れようと思ったとき
【他人への肯定感が生まれ】
それは、自分の気持ちにも
良い影響を
与えてくれることが期待できます。

信念を貫きたいとか
自分の考えが正しいとか
迷わない自分自身も素敵ですが

時にはそれが
【思い込みや偏り】
あることも考えられますから
やはり相談相手は
誰にでも必要ですよね。

自己完結型の人は
特に気をつけて
色々な選択をしてくださいね。
241-free-pictograms.jpg
posted by whereabouts長谷 at 08:00| Comment(0) | 心の健康を保つ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: