2018年10月09日

思春期女子の心理

子育ての中で
一番難しい時期と言われる
思春期に差し掛かり
女の子の心理状況について
相談を受けることがあります。

私を含め母親は
【同じ時期を
  過ごしていることから】
自分の体験に照らし合わせて
考えがちですが、

それでも
わが子だとしても
別人格なので
【同じに考えない方が】
子育てはうまく行きます。

ただ、
今も昔も変わらないのは
女子同士の付き合いに悩む
思春期の女の子が
どんなふうに
関わっているか、ということです。

思春期女子は特に、
【自分たちと違う人を
   排除したがります】
心身ともに変化が大きくなる
中学生から高校生くらいです。

挙動に違和感のある女子と
自分より魅力的な女子が
ターゲットになります。

けれども、
攻撃側にあたる
女子の心の中は
【コンプレックスだらけ】
であることが多く
まだまだ幼いので
【自分の問題を
   解決できず】
別の行動を取ることで
逃避していると考えられます。

思春期女子は
【とにかく不安】なのです。
そして、
【弱い子が大好き】です。
なぜなら、
その子をかばうことによって
【優越感に浸れるから】

優越感に浸りながら
【自分の心を癒します】

今回、
このタイプを取り上げたのは
こういった一例が
いじめの根源と
考えられるからです。

体が成長しても
【心が成長していないから】
誰かのせいにしながら
【自分の問題から
     逃げたい】
言える時期なのだと思います。

ただ、意外にも
その問題を抱えたまま
大人になり、
【保護者化している】
タイプが多くいます。

それも無自覚に、です。
150705210784_TP_V.jpg
【子育ては連鎖します】
だからせめて
社会に出た早いうちに
その問題は
解決させておきたいですね。
posted by whereabouts長谷 at 06:12| Comment(0) | 子育ての参考に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: