2018年10月16日

トレーナー・サポーターが不足しています

ブログの読者の方は
すでにご存じのとおり
私は発達障害に関する
相談やトレーニングなどを
承っております。

この頃は、
子どもの発達障害に関しては
混雑状況は別として
病院での受診や検査、

それに伴う
SST(ソーシャルスキルトレーニング)など
対応してくれる機関が増え、

病院だけではなく
別の観点からの
トレーニングなども増え、
充実してきたと思います。
541-free-pictograms.jpg
その反面、
大人の発達障害に関しては
病院での心理検査が
可能になったものの
その後は、
【精神病薬】による対応ばかりで
SSTなどの施設はとても少なく

また、そういった施設だと
【そんなことは知ってる】という
レベルのことばかりのようです。

つまり、
・レベル別のトレーニングではない
・個人差に対応できていない
・マニュアルで対応している
といったことが考えられます。

当ルームでは
その【不足部分に対応】しています。

一般的に言われることや
本などに書かれていること以外の
【マニュアルにはない】部分で、
それぞれの個人差に合わせた
【オーダーメイド】になります。

そして、
今は私一人でやっているので
常時募集をかけていますが
何しろ面倒な分野なので(^^;
なかなか希望者が現れません。

(今後もしつこく
 募集してると言い続けます)

ですが、考えてみてください。
今、発達障害と言われている
子どもたちは
【20年後に社会人です】

ということはですね、
【今以上に
  SSTの価値が上がる】
考えられるのです。

トレーナーは難しい、と
思われるのであれば
サポーターでも良いのです。

もし、あなたや
あなたの周りの人で
興味がある方がいらっしゃったら
ぜひご紹介ください。

・現在活動している人
・大学で心理専攻している学生
・子育て中の主婦

都内の方でなくても大丈夫です。
電話でのトレーニングになりますが
メールなどで
画像のやり取りをすることで
補えると思います。

マジョリティとマイノリティの
橋渡し役として
活躍してくださる人を増やし
【全国に広がること】
私の希望です。

どうぞよろしくお願いいたします。

※私は、薬物療法に反対していません。
 あてずっぽうに処方されることに
 反対しているだけで、
 発達障害に有効な薬物は
 理解しているつもりです。
posted by whereabouts長谷 at 09:26| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: