2018年10月30日

一貫性のない人

ある一人のお客さまの話を
聞いていて思い出したのですが
私も小さいころから
同じように感じていたことなのですけれど

【一貫性のない大人】
すごくイライラしていたのですよ。
子供なりに。

それは、
社会人になっても続きました。
【一貫性のない上司】です。

とにかく、
分からないから
ルールを知りたい、覚えたい、と
誰もが思うわけですが
【ルールが日替わり】だと
「はぁ!?」(*`・з・)ムッ  
ってなっちゃいますよねー。

今の私は
カウンセラーをやってますから
色んな相談を受ける中で
やっぱり一貫性を持つことって
大切だと改めて感じました。

これは、
発達障害傾向というだけではなく
定型発達の人も含めて
【気分のムラに関係します】

また、
理屈で考えるのが苦手で
【感情で生きているタイプ】
多く起こりがちなことです。

上司でも、親でも先生でも。
【機嫌の良し悪しで】
昨日はダメって言ったことを
今日はいいよって言ってしまったり
今までになかったルールが
突然今日から定められたり…

そんなことをしていては
【子供は戸惑います】
大人だって
「何だ、この人は!?」って
思いますよね。

けれども、
当事者たちは
【意外と自覚がありません】

指摘すれば、
「そのくらい適当に流せよ」って
一方的に怒られてしまいます。

これは、
とても残念なことです。

曖昧で空気を読むのが
日本人的かもしれませんが
【他人の気分になんか
  付き合いきれない】のが本音。

ですから、もしも
自分と周囲の温度差を感じたり
自分の発言で
相手が怪訝な顔をしたりしたら
ぜひ一度は自分の
【発言を振り返って】みましょう。

発言そのものが正当であっても
一貫性がないことで
【人間関係にズレが生じ】
関係が悪化することもあります。

特に、ここで挙げた
【親子と職場】は重要です。
(先生については意外と
  多くの生徒が諦めています)
00603-peoples-free.jpg
親子関係が良くない場合や
職場でのハラスメントなどの
相談を受ける中に
存在しているのが
「一貫性のなさ」も含まれると
感じています。
posted by whereabouts長谷 at 08:23| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: