2018年11月10日

より深く話せる相手がいない

人間関係の悩みでは、
友達が少ないことや
親友と呼べる人がいないことなどが
よく話題に上がります。

最近多いのは、
遊びに行ったり飲みに行ったり
楽しいことを共有できる
友達はそれなりにいるけれど
【悩みを打ち明けらない】
人に多く出会います。

このタイプの人は
自己主張することで
相手に【嫌われてしまうのではないか】
怖くなって黙ってしまい
自分の意見があっても
【自分に嘘をついて】
相手に同調する傾向が見られます。

それは無意識の領域で
【相手に伝わっている】ものです。
そして、言い換えると
【嘘つきと付き合っている】ので
当然、深い話は出来ないのです。

もちろん、
相手の抱える問題のなかで
何でも同調してくれることは
【都合がいいので】
そういった意味では
付き合いは上手くいきます。

けれど、お互いに
心を開けたとは言えません。

まずは、
次のことを知ることが
大切かと思います。

自分と相手の
・踏み込んでいいエリア
・踏み込んではいけないエリア
・安全エリア

その、安全エリア内にある
カテゴリの話題については
勇気を持って
【自分の考えを言ってみる】
ことに挑戦してみてください。

そして、言い切りではなく
「あなたはどう思う?」と
相手の意見も聞いてください。

これができなければ
関係を深めるのは
なかなか難しいです。

どちらかが話したいことを
一方的に語るのは
【コミュニケーション
     ではありません】

また、
楽しいことだけ共有する友達は
【楽しめる目的がないと】
一緒に過ごすことができません。
gahag-0106316420-1.jpg
仕事の話をしたいとき
家族の問題を聞いてほしい時
人生について語りたいとき

そのような時は
【ネガティブな話題に】
なりがちですが
そういうときに聴いてくれる人が
本当の友達です。

かといって依存し過ぎず
お互いがお互いの心を
【支え合うことを意識しながら】
より深く付き合っていけると
心が満たされるのではないでしょうか。
posted by whereabouts長谷 at 07:37| Comment(0) | 心の健康を保つ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: