2018年11月13日

口が達者なアスペルガータイプ

発達障害の傾向を持つ人たちは
【興味の範囲が狭く】
自分が興味を持つこと以外は
ほとんど受けてつけていません。

興味の対象である事柄には
専門家?というくらい精通していて
研究や追求が大好きな人が多いです。

そして、
【好きなことを語る時だけ】
ものすごい情報量を
言語化してきます。

とにかく
【自分の好きなことについて
        聞いてほしい】という
気持ちでいっぱいになって
ひたすら話し続けます。

それがあるために口数の多い人だと
勘違いされてしまうのですが、
【よくしゃべる
    アスペルガータイプ】
存在しています。
528-peoples-free.jpg
実は、
恋人関係や夫婦関係では
【感情面でのトラブルが】
多々起きていて、よく相談を受けます。

どちらが良い悪いではなくて
【その思いを汲み取れない】
ことによって起きてしまう
もめ事と言えるのですが

【口が達者=理解が深い】
思われてしまいがちなので
パートナーとの気持ちのズレを
修正するのがすごく難しいのです。

というのも、
【独特な持論を繰り広げて】
【強い思いこみを持って】
【論点をどんどんずらしてしまう】ので

それをパートナーが
一つひとつまともに取り合えば
『何について話していたか
   分からなくなってしまいます』

論点をズラしながら
よくしゃべるタイプの人だから
【勢いに呑み込まれてしまって】
結局解決しなかった…
ということがずっと続きます。

このタイプの人は【頭が良い人が多く】
頭の回転も速いと思います。
だから、何かについて湧き出てくる
言葉をそのまま表現するので
論点がズレていることに
全く気づけません。

【賢い自分の考えが全て】
思っていることも多いので
修正がなかなか難しいのですが

あなたが、もしもこのような状況に
あるのならご相談ください。
そのズレを修正する方法を
一緒に探していきましょう。
posted by whereabouts長谷 at 08:04| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: