2018年11月16日

ドライ対応は冷たい人

私は、お客さまの質問に
答えるカウンセラーですが、
時々アドバイスもします。

その中で、戸惑いやすいのが
「ドライに対応してね」という
アドバイスです。

けれども、その言葉は
特に女性にとっては
良い意味で捉えられません。

・冷たい対応をするのか
・相手を否定するのか
・突き放す対応なのか

などと、
【マイナスのイメージ】
強く持ってしまう
表現ではあります。

ですが、
私の言う「ドライ」とは
相手を否定的に捉えたり
突き放すのとは
ちょっと異なります。

それを別の言葉で表すと
【言いたいことは
   ハッキリ伝えてね】です。
085-business-peoples.jpg
男性にもいますけれど
女性は【母心が強いので】
人に温かく接することや
【感情で受け止める】ことが
得意ですよね。

そうすると
ハッキリと伝えた後の
【相手の反応に反応しやすく】

さらには
【相手の課題まで
  引き受けてしまいやすく】
それによって
【お互いが負担になる】のです。

例えば、
根拠もないのに
「お前のせいで失敗した」などと
男性に責められたとき
反発できないタイプの女性なら
優しく寄り添うでしょうし
「ごめんなさい」と
非を認める発言をします。

それは、
発達障害傾向を持つ人だけ、
とは限りません。
感情的な男性は意外と多いです。

なので、
日常的にはドライでなくても
【その方法だけ覚えておいて】
いざというときに
使えるようにしておいた方が
心のバランスが保てます。

「ハッキリ伝える」の感覚も
人それぞれなので
ケンカ腰になってしまうことが
考えられますが
【淡々と】が正解です。

伝えた後、
場合によっては相手の話を
【聞かない姿勢】も大切です。

詳しい方法は
私に直接質問していただければ
ケースごとの対応法を
一緒に考えることができます。

これは、優しい人ほど
人の痛みが分かる人ほど
陥ってしまう
現象かもしれません。

感情に反応する人ほど
やりにくさを感じます。

けれども、
スキルの一つとして習得し
時と場合に応じて
使い分けられるようになると
【人間関係に良い影響を】
与える可能性があるかもしれません。

ぜひ、思い切って
「割り切りの対応を」
覚えてみませんか?
posted by whereabouts長谷 at 08:22| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: