2018年11月27日

テレビや映画を観ることの苦労

発達障害の傾向を持つ人たちは
【聞くことが苦手】という
タイプが多いです。

「でも普通に会話してますよ」
…とお思いでしょうね。
確かに普通に会話はできます。

ここで表現する
「聞くこと」というのは
言葉を耳から聞くことができるけれど
聞こえた言葉を
【理解するまでに
   時間がかかる】ということです。

けれども、
割と【早口の人が多いので】
自分の話したいことについては
マシンガンレベルで
おしゃべりですから
まさか理解までに時間がかかるなんて
周りは思いもしないのです。

それで、
聞くことが苦手な人では
・テレビが理解できない
・字幕がないと無理
・テレビ自体受け付けない
ということになりがちです。
tv.png.pagespeed.ce.Ri5INg4pUM.png
特に映画やドラマは
物語(ストーリー)ですから
最初から最後まで
【連続した話が苦手】だったり
字幕ばかり見ていて
【映像が見れない】といったり
色々と困っているようです。

だから、テレビ自体から
離れてしまう人もいますし、
【想像力の要らない】
ドキュメンタリーだけを
好む人もいます。

また、視覚の刺激に弱くて
【画面の揺れが辛い】とか
聴覚が過敏すぎて
映画など
【急に音が
  大きくなるのが辛い】という
悩みを抱えている人もいます。

このようなことは
練習したところで
【改善は期待できない】
それを【避けることしか】
私には方法が浮かびません。

テレビがないと生きて行けない
というわけではないですし、
他にも娯楽は色々あります。

けれども、このような
【当たり前なのに
   当たり前でない】ことを
抱えている人がいることを
知っておいてほしいと思います。
posted by whereabouts長谷 at 08:23| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: