2018年12月01日

IQとEQの違い

知的障害を伴わない
発達障害の傾向を持つ人たちは
勉強がよくできて頭が良く
【IQが高い傾向】にあります。

だから、
学生時代には「〜博士」的に
先生や友達から尊敬され、
おとなしいタイプが多いので
問題行動も少なく
多少の会話のズレがあっても
割と自信を持って過ごせます。
gahag-0012849186-1.jpg
それが、
社会に出た途端に
少しのズレを多く感じるようになり
人とやりとりしていても
【何か理解が足りない】
という感覚を持ってしまいます。

その、「何か足りない」は
実はEQにあたるもので
【心の知能指数】なのです。

これは、
勉強ができるかどうかではなく
自分や周りの人の
【感情にまつわる部分】なのです。

感情に関することが
分からないと困るのは
・自分の気持ちを伝えること
・何が言いたいか理解すること
・総合して考えること
といったことに
ズレが多くなります。

アスペルガータイプと
関わる人たちの悩みには
【頭が悪いとバカにされる】
ことが多々あります。

アスペルガータイプの人は
勉強ができる=偉い
という公式を持っている人が
かなりの割合で存在します。

だから、家族や友達を
見下し、バカにして生きています。
ですが、社会生活において
重要であると思われるのは
【IQ以上にEQです】

例えば、仮に
軽度の知的障害を持っていても
EQが高ければ意思疎通が図れるので
【社会で対応しやすい】のです。
そのような人たちも
たくさんいるのですよ。

アスペルガータイプを
否定しているのではなく、
彼らの偏った考え方に
私は共感できないだけです。

どのような人でも
・他人を敬い
・謙遜の心を少し持ち
・根拠のない否定をしない
ということが大切で、

【テストの成績だけで
  人間性は決められない】
ということを
改めて感じてほしいと思いました。
posted by whereabouts長谷 at 07:32| Comment(2) | 発達障害
この記事へのコメント
頷かされますね;;;
わたしも勉強はできたよっていう自負はあります☆笑
へっへっへ(笑


――ただ、やはり社会に出てからは……(^_^;)
社会以前に、大学から困ったんですよね、自由度が増して.
自由が増す勉強面でも、各地から様様な考えをもつひとがあつまる社会面でも;;;汗

なんか、いつも、「ふつう」ってなんだろうってかんがえさせられるなあと思います.

Posted by 璃都 at 2018年12月02日 18:49
璃都さん

確かに。大学からの人もいますね。
自由度が増すから、
人との関わりを無理せず単独行動できてきた人は、
やはり社会に出てから困難なようですよ。

「普通」はカウンセリングの中でもよく出てくるワードです。
でも、自分のことを普通だと思っている人も
私個人的には普通には見えないし、
変人と言われる人の個性は好きだし
普通=偏見みたいなイメージがあります。

Posted by Whereabouts長谷 at 2018年12月03日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: