2019年01月14日

なぜ依存的なタイプが多いのか

誰にでも当てはまりますが
発達障害の傾向を持つ人は
【依存タイプが多いです】

その理由について
考えてみたいと思います。

発達障害傾向の人たちは
【本人の持つ特性から】
周囲の人との関わり方が
うまくいかなかいことが多く

人との関わり方の偏りでは
・距離感がありすぎる
・距離感が近すぎる
の、どちらかになりますが

依存的なタイプでも
・褒められたいタイプ
・司令塔が欲しいタイプ
・価値を高めたいタイプ
などに分かれます。

褒められたいタイプでは
【叱られる経験が多く】
少しでも
自分を認めてくれる人だと
判断した相手には
必要以上にベッタリとなり、
【もっと褒めて】
アピールが強くなります。

司令塔が欲しいタイプでは
自分の判断と周囲の判断に
ズレが多かった経験を持つ人で
【何が正解か、
  どうすればいいのか
     指示してほしい】
思っている場合、
分かりすく説明してくれた
相手の後ろを
ついて歩いてしまいます。

価値を高めたいタイプでは
【自分に自信がない、
  コンプレックスが強い】
といった気持ちの人が
ある時誰かに褒められて
とても嬉しいし
「これでいいのだ」と思えた
などの体験をしたことで
その人にもっと褒めてもらえば
自信が持てる気がして
【その人の気に入るように】
動こうとしてしまいます。

また、
別ルールでの依存タイプは
【人には親切に
   しなければいけない】
教えられ守っている人がいます。

そして、
誰かに親切をしたら
すごく喜ばれたことを経験し、
さらに心がけるようになっていきます。

確かに親切は、喜んでもらえます。
けれども、それにこだわることで
【過度のお節介】になりやすく
【先回りしてお世話をしてしまい】
反って迷惑をかけてしまいます。
gahag-0011126365-1.jpg
最後に、
依存タイプの人は
常に誰かにベッタリで
その相手が離れていくと
【新たな寄生先を探す】クセが
ついてしまいます。

特に、
幅広い人間関係を持てない人では
【パートナーに
  全ての役割を求める】傾向が
強くなってしまいます。
パートナーが
それを承諾し受け入れてしまうと
【さらに人間関係が狭まる】
危険性が高まります。

結婚しても
どちらかが先に逝くわけで
残った側の人間関係が
希薄なものであったなら
【いつか本当の意味で
  一人になってしまいます】

ですから、
依存タイプの人は
【1人を対象にせず
    複数を対象に】
関わってほしいと思います。

posted by whereabouts長谷 at 17:51| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: