2019年01月17日

あなたはどう思っているの?

自分の話を聞いてほしい
思いを分かってほしいという
気持ちの強い人は、
ついつい自分のことばかり
話してしまいがちです。

発達障害傾向の人にも見られ、
ADHDタイプでは
自分の話を提供して
【共有を楽しみますが】
アスペルガータイプの人の
【興味の範囲が
  特殊であることが多く】
当事者は共有して
相手にも楽しんでもらえると
嬉しいとは思いますが
【共有の難しい話題】
なってしまうことが
よく起こっています。

ADHDタイプの人は
【少しずつたくさんのことを】
おしゃべりとして楽しみますが
アスペルガータイプの人は
【一方的にしゃべりがちで】
あまり相手の気持ちなどに
意識を集中できません。

けれども、
【相手にも思いがあるし】
どちらかだけが
話し続けているのは
【コミュニケーションとは
        言えません】

ですから、
誰かと会話しているときに
自分ばかり話している、とか
気持ちが通じ合う気がしない
などと思えた時には
必ず質問してみてください。

【あなたはどう思う?】

この質問は大切です。
YES、NOで答えられない
その人の持つ
【オリジナルの気持ち】
聞くことが
お互いを高め合う
素敵なコミュニケーション
なのだと思います。
gahag-0008524495-1.jpg
最後に、
アスペルガータイプの人の
難しい話に関しては
「分からない」と答える人が
たくさんいると思います。

【話題のレベルを下げる】のも
コミュニケーションに
必要なことだと思います。
posted by whereabouts長谷 at 08:24| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: