2019年02月10日

大人の発達障害と薬物療法

周囲が特性に気付かなかったり
親に受け入れてもらえなかったり
色々な理由があったため

小さい頃に診断を受けられず、
また療育を受けることもできず
大人になってしまって
困っている人たちが
世の中にはたくさんいます。

そのような人たちが
私の所で相談されるのですが
最近思うことがあって
【トレーニングの効果が
      出ないタイプ】
についてです。

例えば、
・苦手が多い
・周囲と自分の温度差
・より改善したい
といったことに対しては
【具体的な対応が可能で】
ケースごとに一緒に考えて
克服してもらうことが
可能なのですが、

【やる気が出ない】という
そもそもの問題…
【脳の覚醒に関する相談】
正直言って難しいです。

これまでのケースだと
比較的ADHDタイプに
多いかなぁ…という
私個人的な感想ですが

やる気がない人に対して
どう提案したところで
動けないのだから
お互い困っているだけ、
という状況なのです。

こういった場合には
私の技量では無理なので
病院での受診を
おススメすることがあります。

法律に触れてしまうので
詳しくは書けないのですが
ドクターの判断と
当事者の意思によって
薬物療法を受ける方が
良いこともあります。
gahag-001151.jpg
それでも、どうしても
病院がイヤ!という人には
【運動量を増やす】ことを
試してもらいます。

単純なのですが
脳を覚醒させるには
運動が一番かと思います。

私が対応できるのは
「それなりに
  やる気がある人」です。
何らかの原因があって
やる気が出ない場合や
それが一時的な場合でないのなら
病院に行くことも
選択肢に加えてみてください。
posted by whereabouts長谷 at 16:55| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: