2019年02月15日

残り物には福がある?

明らかに義理だろ!クッキーを
昨日息子が持って帰ってきました。
お隣の女子高では、
女子同士の交換し合いっこが
毎年恒例だそうで
「たぶん余るからあげるよ」と
あからさまな「義理」以下の
「残り物」ですよねwwwww

ところで、
昔から「残り物には福がある」と
言われていますが
本当に「福」があるかどうか
考えてみたいと思います。
IMG_5885-540x360.jpg.pagespeed.ce.Ffhfjcc4qb.jpg
例えば、
ランチ会を自宅でやっていて
メンバーの誰かが差し入れてくれた
お菓子が目の前にあります。

あなたは何番目に取りますか?
または、
何が欲しいか言えますか?

私たちは、だいたいの場面で
話し合って分け合いますが、
その時、意見を言える人と
言えない人に分かれますよね。

そして
【残り物を手にする人は
    意見の言えない人】です。

意見の言えない人は
・意見を聞き入れてもらえない
・嫌われるのが怖い
・どれが好きか分からない
といった、ネガティブな考えを
持っていることが多いです。

それで、残り物を手にして
「それなりに美味しかったから」と
納得してしまいます。
もし、好きなお菓子を選んだ人が
思ったよりおいしくない…と言えば
残り物を手にした人は
なおさら「ラッキー」でしょう。

つまり、
【残り物が
  福になるかどうかは運】
もしくは
【考え方次第で福】なのです。

それならば、
最初から欲しいものを言えた方が
【後悔が少なくて済みます】

意見が言えない人の勘違いとして
【意見を言えば通るもの】
思い込んでいるところにあります。

たとえ意見が言えたとしても
それに対する反論や同意や
【さまざまな交渉が】
起こり得る状況で
最終的に自分の意見が却下された
【ネガティブな結果だけを覚えて】
言えなくなってしまったという
ケースは少なくありません。

この「思い込み」を外すことが
残り物に頼らなくて済み、
【自分の思いを
   素直に表現するために】
大切なことなのではないでしょうか。


次回は、
「意見を言って嫌われるケース」
について書こうと思います。
posted by whereabouts長谷 at 08:09| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: