2019年02月21日

発言の受け止め方の違い

ここ2回で、「意見を言うこと」
について書いてきましたので、
今回は「受け止め方」について
書きたいと思います。

コミュニケーションというのは
発信する側と受信する側が
存在して初めて成立します。
そして、双方の間には
フィルターみたいなものがあって
(あくまでもイメージで)

そのフィルターは
個人個人に異なります。
だから、発した言葉に
【歪みが生じてしまう】ことがあり、
関係に歪みが出てしまうのです。

私がよく使う例で分かりやすいのが
「そこ、汚れてるよ」という言葉です。
この言葉、受け止め方が複数あって
・あ、拭き残しかな
・あ、汚れちゃったかな
・イヤな思いさせちゃったかな…
・私のやり方が気に入らないの?
・私が掃除下手だと言いたいの?
などなど…。

5つの言葉を見ると、
最初の2つは【事実を受け止める】
言葉になっています。
3つ目は【相手を気遣う言葉】
残りの2つは
【自分が責められている言葉】です。

でも、もともとは単純に
「汚れてるよ」と言われただけのことで、
それが【ネガティブフィルター】
変化してしまっているのですよね。

このフィルターがネガティブな原因は
・物事を良い悪いでジャッジしがち
・過去の体験と今をリンクしている
・ネガティブな言葉が安心する
といったことが考えられます。

シンプルに表現すると、
ただ【クセになっちゃった】
みたいなものなのだと思うのですよ。
ですから、
時間はかかるかもしれませんが
考え方の修正は可能だと思います。
00663-peoples-free.jpg
発達障害傾向の人は特に
過去の経験が傷になりやすく
猜疑心の強い人が多いです。
だから、
【相手が敵に思えて】
スイッチが入りやすいです。

そうなると何を言っても
【全ての言葉を書き換え】
断固拒否状態になりやすいです。
ただ、意地を張っているだけですが
【自分を守る手段】なのです。

とはいえ、
傾向を持っている人だって
人と仲良くしたいものですよね。
なので、まずは
【自分の歪みに気づく】ことが
大切かと思います。

・人は怖いものではない
・イヤな人ばかりではない
・言葉通りに受け止める
といったことを念頭に
人との関わりに挑戦してみて下さい。
posted by whereabouts長谷 at 08:15| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: