2019年07月08日

本当にゲームだけが悪いのか?

「ゲーム脳になる」
そう提唱されたのは何年前でしょうか。
確かにゲームの世界に溺れると
現実との境がなくなってしまって
現実感を失いやすく
社会適応レベルは下がります。

それと同時に
ゲームをやりすぎると
【攻撃性が増す】と言われ、
子育て中の親御さんには
子どものゲーム時間を制限するよう
アドバイスされることが多いです。

ところで、最近の話題ですが
スポーツ観戦中に
ファン同士がトラブルになり
抱いていた子どもを
投げつけるという
残念なことが起きました。

スポーツ観戦は
一般的に肯定されていますが
実は、
【スポーツ観戦も
   攻撃性が増す】そうです。
gahag-0115508217-1.jpg
実際、
私の父親は叫びますし
ご近所さんの怒号も酷かったです。
応援チームが負けると不機嫌で
八つ当たりされることもたびたびで
野球の熱狂的なファンも
攻撃性が強くてうるさいし、
結構怖いですよ。

もし、攻撃性が増すことを
防止したいのなら
ゲームだけではなく
スポーツ観戦も止めるべきです。
だけどスポーツ観戦は
なぜだか肯定されています。

それで、攻撃性が増すという
結果には続きがあって
逆の報告もあるのです。
それは、
【自分に代わって
  戦ってくれている】ことで
ストレス解消になることです。

私はゲームが大好きです。
そして、イライラすると
必ずゲームで思い切り戦ってきました。
そこでスッキリすることで
日常に戻って
普通の対応ができるのです。

スポーツファンの中にも
私と同じような考えの人が
いるのではないでしょうか。

まとめますと、
攻撃性が増すかどうかは
【一概に言い切れない】
ということです。
だから、
【一つの視点で
  考えないことが大切です】

ゲームとスポーツ観戦、
攻撃性が増すと言われるものは
それだけに限らないと思います。

今回は「攻撃性」のことでしたが
一つの側面で考えない方法は
【多くのことに
   当てはめられます】

参考になさってみてください。
posted by whereabouts長谷 at 08:35| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: