2019年07月17日

罪の意識が低い

私は、
テレビのニュースなどで
「なんでこんな風になってしまうの?」
という意味不明な事件などでは
発達障害の視点を踏まえて
考えてみることがあります。
今回も、ある一つの事件について
発達障害特性を感じました。

なぜなら、
逮捕された容疑者に
・申し訳なさがない
・罪の意識がない
・何も分かってなさそう
という態度が見られるため
嘘をついているというより、
「状況理解できていないのでは?」と
考えてしまったからです。
gahag-0073620456-1.jpg
例えば、
発達障害傾向を持つ人の多くに
【気になってしまうと
    行動を抑えられない】
という特徴があります。

カウンセリングでは、
気になる人の後ろをつけたり
女性の胸を見つめ続けたり
一見、普通ではない行動を
取ってしまったことなど、
【犯罪ギリギリの】
相談が時々あるのです。

だけどその時点では
・いけないことの意識はない
・自分が何をしているか分からない
・分かっているけれど止まらない
といった状態であることが
聴き取りから分かっています。

言動面では
思ったことをポンと発言して
その内容が
【セクハラ・モラハラ】的で
あることが多いようです。

このような時、
当事者は「やってしまった」と
思って人に相談したとしても
その内容は
言い訳がましく聞こえ、
【自分を擁護する
   説明ばかりするので】
他の人が聞いていれば
「反省の色がない」と
思われるような発言になりやすいです。

むしろ
誰かを【傷つけたという
   自覚のない酷い人】
思われる可能性もありますし、
中には
このようになってしまったという
【原因は他人や社会にある】
訴え続ける人もいます。

残念なことに
言い続けるうちに
【記憶が書き換えられる】
ということも起こり得ます。

悲しいことですよね。
確かに、幼少期は特に
「分かっているのに止まらない」
という衝動的なことで
困ることが多いのですが
今回のケースは
【責任を問われる大人】です。

大人ですから
たとえ
発達障害傾向を持っていても
【絶対に許されないこと】があると
知っておかなければいけません。
posted by whereabouts長谷 at 05:55| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: