2019年08月17日

アバウトな言い方に戸惑う

発達障害傾向を持つ人は
アバウトな言い方に戸惑います。

子どもの頃には親から、
大人になると職場などで
・ちゃんとしなさい
・良い人になりなさい
・イヤがることはしない
このようなことを言われても
それが【具体的でないと】
結局また同じことをくり返したり
失敗したりしてしまいます。

数学のように
答えが一つの時は迷わなくても
答えが複数の場合には
私たちも戸惑いますよね。

そのとき、何となくで
「これかな…」という回答を
選んでいるだけなのですが
当事者たちは
全く思い浮かばなかったり
【真逆の選択】
してしまうこともあるでしょう。

ある方の言葉をお借りして
例えてみますが
その方は子どもに「人に優しくね」と
小さい頃から言い聞かせていたそうです。

そこで疑問が浮かびました。
【人に優しくとは
   どういうことか?】

・困っていたら助ける
・良いところを褒める
・話を聴いてあげる
394-peoples-free.jpg
これらは【想像の領域で】
想像すらできない人には
すぐに答えられないでしょう。

それから、経験を積み重ねて
人に優しくできたとして、
加減の分からない彼らは
【先回りして助ければ】
もっと人に優しくできたと
誤解してしまうでしょう。

こういうアバウトなことって
みんな「だいたい」で
やり過ごしてきているのですが
【マニュアルさえあれば】
当事者にも実現可能です。

「イヤがること」に関しても
自分がされて嫌だとしても
相手がそうとは限りません。
嫌がることさえされないくらい
人間関係が希薄なら
どんなことが嫌なのかすら
想像できません。

まとめますと、
私たちが当たり前のように
会話で使っている言葉には
アバウトな言い回しばかりです。

発達障害傾向を持つ人に
正しく伝えたいときは
【はっきりと具体的に】
伝えるように心掛けましょう。
posted by whereabouts長谷 at 06:50| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: