2019年09月14日

他人の気持ちを代弁する

このやり方は、
”とてもひどいことだ”と
思われる人もいますが
発達障害の傾向を持つ人たちは
【真実を知りたい】
心のどこかで思っていることが多く
【回避グセがない場合には】
有効な考え方だと思います。

その前提に必要なことは
【ダメ出しのできる信頼関係】です。
彼らとの信頼関係の形成は
傾聴に徹する寄り添いではなく
【肯定的に確信を突くこと】
【ダメなその人を認める】ことです。

さて、本題に入ります。

発達障害の傾向を持つ人は
何らかのスイッチが入ると
【話を聞いてほしくて
 感情のコントロールができない】
ということが
日常的に起こりやすいです。

・理解してほしい
・承諾してほしい
・共感してほしい
このようなスイッチが入ると
話さずにはいられません。

だけど、
相手に嫌われることまでは考えられず
【自分が言ってスッキリ】
したいのです。

こういうことが少なくなる方が
当事者の人間関係も上手くいきますから
できるだけ早めに
教えてあげたいものですね。

そのポイントとして
発達障害の傾向を持つ
子供も大人も共通して
自分の気持ちに対して相手が
【嫌がっている】ということを
ハッキリと伝えることです。

ここが「ひどい」と思われるところで
なぜなら一般的には
【言わなくても分かることだから】
わざわざ言語化して
相手を傷つける行為だからです。

ですが、
言語化の必要な相手には
ストレートな言い回しで
伝えなくては分かりません。

一緒に遊びたい気持ちがあっても
「相手は嫌がっているから」
話を聞いてほしくても
「相手が聞きたくないと思っている」
空気がおかしくなったのは
「相手が怒っているから」
などと、解説することが必要です。
525-peoples-free.jpg
彼らは、その一瞬は
とても恥ずかしかったり悲しかったり
ネガティブな思いを抱えるかもしれませんが
時間経過とともに
本人なりに考えて処理できるので
「次は気をつけよう」と
考えやすい人が多いと思います。

伝え方の程度は
相手の能力に合わせて
調整してみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:22| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: