2019年10月29日

「一時的に〜」を覚えよう

前回の記事で
「尊重することの理解」について
取り上げてみましたが
もう一つ、
別の考え方を紹介したいと思います。

私たちは、人との会話の中で
「譲り合って」話をしています。
行動についても同様です。

ですが、
発達障害の傾向を持つ人たちは
【自分のマニュアルに沿って】
物事を進めたい気持ちが強いので
相手の気持ちを汲み取って
合わせることが苦手です。

そのため、
「融通の利かない人」
「頑固な人」などと
思われてしまいます。

発達障害傾向を持つ人たちから見ると
私たちの譲り合いが
どういうことか分からない、
と思っている人も多いようです。

それは”相手に合わせて
   自らを変えてしまうこと”
考えてしまうこともあるようですが

実は、そういうことではなくて
【一時的に譲っているだけで】
根本の考え方などには
影響していないのです。

だからといって、
小麦粉アレルギーの人が無理をして
友達に合わせてピザを食べるような
【生死にかかわることではなく】
本当に、今譲ったとしても
【その後は何ら変わらない】
状況の時に譲っているだけです。

ここで、
どうしても譲りたくないタイプは
【自分の満足のためだけに】
そうしたくなっているという
こだわりかと思いますし

自分のマニュアルにはないことを
取り入れるのは怖いという
考え方の人もいると思いますが
実は、
【経験してしまうと、
    そうでもない】という人が
たくさんいることを知ってください。

「譲る」という言葉が難しいなら
【一時的に相手に合わせる】
考えてみてください。
00688-peoples-free.jpg
今、誰かに合わせたからといって
これまで積み上げてきた
当事者の能力や考え方が
【全て変えられるわけではなく】
新しい経験として上書きされ
【人としての成長の一部】
なるということです。

発達障害の傾向を持つ人たちは
怖いという気持ちから
石橋を叩いても渡らないことが
多いと私は感じるのですが

「ホントは〜したいのになぁ」と
思う時に、
勇気を出して相手に合わせてみる。
すると、思いのほか楽しかったり
盛り上がったりするかもしれませんね。
posted by whereabouts長谷 at 07:23| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: