2019年12月10日

ディベート好きが多い割には…

アスペルガー傾向の人の中には
勉強が得意な場合、
【議論やディベートを
     好むタイプが多く】
何かについて徹底的に話し合うことに
喜びを感じます。

自分が詳しいことに関して
一つのテーマにしぼって話し合うこと。
その様はとても雄弁で
知的な高さを感じさせられます。

ただ、一つ気を付けなくてはいけないのが
アスペルガータイプの人は
【持っている情報は莫大でも
        考え方が一視点】
だという点です。

・自分が正しいと思うものが正しい
・自分が良いことが良い
・相手の考えは関係ない
といった考えになってしまいやすく
議論もディベートも
【勝つことだけにこだわり】
相手を言い負かすことが
目的に変わってしまいやすいです。

議論については
素晴らしい考えを提示して
相手を黙らせる場面もあり得ますが
「ディベートが得意」といっている
アスペルガータイプの人は
よほど柔軟性のある人かと思います。

なぜならディベートでは、
【両者の側面から物事を考え、
      結論は出しません】から
多くのアスペルガータイプにとって
本来、苦手なことに含まれるのです。

ここまで、
社会の中での彼らをイメージしてください。
それを、プライベートに置き換えましょう。
プライベート…つまり
家族、恋人、友達との関係になります。

アスペルガータイプの人たちは
【人からの目を非常に気にするので】
外面が良い人が多いです。

外に向けての自分に関しては
苦手なことを隠せますし
プライドも保たれますが
プライベートな付き合いでは
【とても苦手な、
    内面に触れられる】
ことが多くなりますから、
ダメな自分を知られてしまいます。

そして何か、自分に不都合が起こると
彼らは相手に譲ることなく
・頭の良さを見せつけ
・相手をバカ呼ばわりし
・自分が偉いと思わせる
行動や言動をとります。

そこまでしてでも、
【自分のダメさを隠し、
   プライドを保ちたいのです】
そうしなければ
心が壊れてしまうのです。
m-pose-036.png
当事者にとって、そのようなことは
当然の行動や言動でしょうが
【議論やディベートが
    得意だと思うのなら】
冷静に、淡々と、相手を攻撃するような
威圧的な言い方をせずに
自分の考えを伝えることを
心がけてほしいものです。

だいたいこういった時に
【感情的なのは当事者の方だ】
自覚することが大切です。

※すみません、補足させてください。
ディベートは「最終的には結論をだす」ものです。
ただ、結論を決定するまでに
持論だけで考えていくのではなく
『持論はさておき客観的に』が基本です。
そのため、アスペルガータイプには
苦手であろうことです。
省略してしまい、すみません。
posted by whereabouts長谷 at 07:57| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: