2019年12月31日

みんな楽をして生きている

2019年の最終日。
これが今年最後の記事になります。
一年間、お読みいただき
ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

発達障害についての内容が主ですが
【誰にでも活用できる】をテーマに
”分かりやすく”を心がけ
ここまで頑張って来ました。

ですが、発達障害当事者から見れば
私が書き続けることができるのは
【もともと備わった能力】
思われがちで、
私の努力など理解してもらえません。
でも過去の記事を見れば分かりますよ。
私が、いかに拙い文章を書き続けたのか…。
自分の無能さに頭を抱え続けていますw

ところが、当事者たちは
人の気持ちを推し量れないだけでなく
【背景を想像できない】ことから
目に見えるものがすべてになりがちです。

そのため、
当事者の目の前の人が笑っていると
「楽しそう」
愚痴ひとつこぼさず働けば
「悩みがなさそう」などと感じ、
発達障害特性に悩んでいない人たちは
【楽をして生きている】
誤解していることがあります。

だから幸せそうな人を見ては
当事者自身と比較して
・自分の能力を過小評価する
・劣等感が強くなる
・自信をなくしてしまう
ということになりやすいのです。

そして、
楽をしている風に見える人たちの
背景を丁寧に説明しても
【信じない人が多く】
そんなことはない、自分には分かる
そうに違いない…などと
【間違った強い思い込みが発生】
しているケースが多々あります。

特性が原因からなのか、
【経験値の低さが災いして】
想像することさえできなくなってしまい
周りから言われることも信用できず
自分の殻にこもっているイメージです。

彼らにとっては【能力が全て】
それがテストのような点数や
著名な人として評価されない限り
自分のことは【永遠にダメ人間】
思いがちなのでしょうね。

=当事者の方へ=
誰かの努力や苦労が見えなくても
【みんな努力している】ことは
念頭に置いておきましょう。

当事者は、
好きなことは努力できますし
それを努力とは思わないでしょうが
【苦手なことの努力をする覚悟】
自己成長へのきっかけとなります。

そこが、当事者と周囲の
違いなのかもしれません。
実際に、発達障害傾向があっても
【努力で改善した人は
     多々存在します】
根拠もなく「無理だ」と断言せず
できそうなところから少しずつ
取り組むことが大切です。
m-action-056.png
来年は、こういったことも
検討してみてはいかがでしょうか。
全てができなくてもいいのです。
まずは課題作りに
取り掛かってみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:52| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: