2020年01月30日

デマ拡散

日本国内でも、
新型肺炎の脅威が迫ってきましたね。
こういう時、いつものことですが
SNS上には本当か嘘か分からない
情報が錯綜するものです。
それを見た冷静な人たちは
「なぜ、そのようなことをするの?」
という思いでイラっとしています。

その人たちに
発達障害の特性があるとは限りません。
【単に幼稚な考え】なのかも。
だいたい言い分を聞いていると
「大変なことになると思わなかった」
「みんなもやっていること」
「自分だけは許されること」
といった発言が多いです。

今ではネット上の問題行動も
取り締まることができるようになり
逮捕される人も増えているのに
それでも
【これは犯罪ではない】
断言する人もいるほどです。
gahag-0084600360-1.jpg
これらのことを単に”幼稚”と
片付けてしまうこともありますが
【自分の発言に対する責任感】
持てていないことは
大人として大変問題だと思われます。

この先どうなるのかという
【想像力の甘さ】
ネット上という【没個性化※】によって
【自分が強い人間になった】
と、誤解させる心境を作りあげます。
見つかった時の言い訳は
小学生並みで情けないものです。

「大人とはこういうものだ」という
意識の高い人に限って
いざというときに幼稚で感情的だと
思ってしまうのは私だけでしょうか…。

私たちは有名人ではないし
テレビで何かについて語ることもない
平凡な毎日を送っていますが
【露出しないから
    何を発言してもいい】
というわけではありません。
自分の一言が誰かを傷つけ
誰かの一言に自分が傷つくのです。

デマ拡散だけでなく他のことでも
”みんながやっているから”と
便乗せず冷静に
自分で判断できる力を養いたいものですね。

没個性化…
 匿名での投稿が自分の存在を隠し
 誰か分からなくすることで
 自由な気持ちになり、
 あたかも自分が強くなった気に
 なってしまいやすいです。
posted by whereabouts長谷 at 06:56| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: