2020年05月29日

手紙の書き方

一昨日配信したメルマガでは、
「手紙を書くことは大切」という
内容をお送りしました。
(読んでいない人は悪しからず)

その続きで、ですね。
私が中学生の時に
家庭教師をしてくれていた
お姉ちゃんと久々に
手紙のやりとりをしたのです。

年賀状のやり取りは
これまでにもありましたが、
久々に手紙をもらえて感激しました!
あと、私の自慢は
小学4年生時の担任と
ずーーーっとやりとりしていて
今回のお願いの時にも
手紙を添えて送ってきてくれたのです。

本当に、本当に嬉しかった(*´▽`*)

…というわけで、
そのメルマガの続きとして
発達障害傾向を持つ人のための
トレーニングにも使えそうな
”手紙の書き方”について
今回は取り上げてみますね。

とはいえ、
別にマナーとかルールなどの
話をするわけではありません。
【何を書いたらいいのか】について
ポイントを絞ってみますね。
*****当事者の方へ*****
当たり前のように手紙を書ける人は
【脳内で文章を組み立てて】
それを自然な形で文字にしますが
発達障害の傾向を持つ人たちは
この”組立て”に時間がかかり
まとめることが苦手です。

「いや、文章は得意です」と
言われる人もいるのですが
【手紙と論文などは
    形式が異なる】ため
実際に手紙を書こうとすると
文章の得意な人でさえ
筆が止まってしまうことがあります。

ですから、手紙を書く前の
準備が大切になります。

【その手紙のテーマ】
何か用事があっての手紙か
近況報告か、相手の心配か
大きなテーマがあると思います。

この頃、連絡を取っていないから
気になって書いた…
というのも素晴らしいと思います。

【伝えたいことは何か】
まずは伝えたいと思う内容を
”箇条書きで”メモに書き出し、
詳細を少し加えていきます。
例えば
・転職した
・一人暮らしを始めた
・旅行に行ってきた
など、何でも構いません。

そこへ、
⇒スキルアップしたいと思った
⇒職場が〇〇県に変わった
⇒数年前から楽しみにしていた
などの詳細を加えていきます。

これを組み合わせて文章にします。
まずは、脳内で組み立てようとせず
【視覚で整理しましょう】
gahag-0115920379-1.jpg
*****最後に*****
「〜ができる人は
  能力があるからだ」などと
聞かせてくれる人がいますが
それは勘違いかもしれません。

なぜなら、
今回の手紙の件にしたって
私たちは
【何百回も練習を重ねて】
【数えきれないほどの失敗をして】
手紙が書けるようになっているからです。

そういった部分を考慮できない人は
【できないことを
   特性のせいにして】
諦めていることが多いです。

その逆に考えてみてください。
好きな事だけは
とことん集中して
多くの経験を積み重ねたはずです。

手紙を書くことが
決して楽しかったわけではないし
それ以外の「できること」でも
”好き”だけで積み重ねたのではなく
【必要だったから練習した】
ということを忘れないでください。
posted by whereabouts長谷 at 16:52| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: