2020年07月04日

信用してもらえない理由(ASD)

今回は、
悪意を持たない
発達障害の傾向を持つ人たちが
なぜ、信用してもらい辛いのか
考えてみたいと思います。

本来、グレーな人たちは
「誠実」で「真面目」で
「繊細」で
「生きるのに一生懸命」なことが多いです。
だけど人間関係が今一つで
多くの方が悩んでいますよね。

その理由を3つ挙げてみます。

【一貫していない】
言っていることとやっていることが
ちぐはぐになりがちです。
例えば、政治や世間のことについて
正義感を燃やして
正しいことを言っている割には
当人の行動は自分勝手で
言動は人を傷つけることばかり。

周りからは
”自分を棚に上げて批判する人”
見えているかもしれません。

【安請け合いする】
人からの評価などを気にしがちで
良く見せよう…と一生懸命です。
また、”判断力の鈍さ”があり
そのようなことが相まって
”勢いで引き受けてしまいます”

だけど後で考えてみたら
無理なこと、嫌な事だった。
だけど今更断れないから
なかったことにしてしまおうと
話をごまかすなどして
逃げてしまうことがあります。

【言い訳が多い】
例えば、上記の話を続けると
無責任に引き受けてしまった結果
誰かに咎められたとして。

非を認めると責められる、
という気持ちが強まってしまい
謝ることができない人が多いので
”謝らずに言い訳ばかり”
してしまう人が多いです。

その言い訳の言葉も
自分自身ではなく”相手のせい”で
まるで
「頼んだあなたが悪いんだ」
といったイメージの言葉を
発してしまうことも多いです。
488-peoples-free.jpg
*****当事者の方へ*****
子供が親に叱られて
言い訳をするのは当たり前ですが
大人の場合には
【言い訳をするほど
  周りからの評価は下がります】
なぜなら、
自分の非を認めることができず
誰かや何かのせいにして
みっともなく見えるからです。

「誰でも言い訳するじゃないか」
と思われますよね。
はい、それはそのとおりです。
だから、誰にでも言えるのは
【言い訳の前に、
    まず非を認めて謝る】
という”順番”を守るのです。

発達障害の傾向を持つ人たちは
・おしゃべりが上手くなりたい
・面白いことが言いたい
・みんなの中心に入りたい
といったコミュニケーションを
望んでいることがありますが

大人の場合、
かしこさ、おもしろさを追求していくより
まずは【信頼度を重視する】ことが
大切です。

つまり、良く見せようとするよりも
【実行できることだけ引き受け】
【断ることも信頼の証】
考えてみてください。

大勢でなくてもいいから
人と深く付き合いたい、
もっと信頼し合える相手がほしい…
と思っているのであれば
表面上の取り繕った自分よりも
【本音の自分を】見せましょう。

嫌われるのが怖いと言いますが
どのような自分を見せたとしても
何も原因がないとしても
【嫌われるときは嫌われます】
つまり、
相手の抱える何らかの問題によって
一方的に嫌われることもあるのです。

そんな理不尽なことが起きるのに
いちいち一人ひとりの顔色を窺い
機嫌を取りながら生きるなんて
バカバカしいと思いませんか?

今一度、立ち止まって
”自分の信頼度”について
考えてみてほしいと思います。
posted by whereabouts長谷 at 06:57| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: