2020年07月09日

テレワークバンザイ!

前回、在宅勤務の危険性について
記事を書きましたが
その逆に「朝ラッキー♪」と
思っている人もいるので
それがどういうタイプなのか
取り上げてみたいと思います。

発達特性で言えば
アスペルガータイプなのですが
ADHD特性を
持ち合わせている人も多いので
アスペルガータイプでも
テレワークに向いている人は
次のような条件が揃う人です。

・自分でやりたい、決めたい
・コミュニケーションが苦手
・自分ひとりの世界が好き
・ルーティンが落ち着く

好奇心旺盛で自由奔放な
イメージを持つ
ADHDタイプの人とは
逆のタイプという感じですね。

彼らは、
【誰かに決められることを嫌がり】
仕事についても本音はそうなので
会社に出勤しているだけで
結構ストレスが溜まりやすいのです。

さらに会社内では
【周りの人の目(評価)が気になり】
無理をしておしゃべりに参加し
仕事に集中できません。

デスクで一人で仕事をしていても
【外部からの音の刺激によって】
効率が落ちてしまうこともあります。

だから自宅で一人で仕事、となると
他人がいない環境が整うだけでなく
【時間配分、ペース、順番など
    全て自分で決められるので】
無駄なストレスが増えません。
042-person-illustration.jpg
*****当事者の方へ*****
テレワークに向く人の条件の中で
一番大切なことは
【自分で計画を立て
    継続できること】です。

だから
【ルーティン化させ、
   それが落ち着ける人】でなければ
一時的な楽しさがあったとしても
長続きしないでしょう。

ADHDタイプの人も
アスペルガータイプの人も
それぞれ【自分の向き不向きを知り】
それに合う環境や条件を
見つけていくことが大切ですね。

今は、昔と違って
コミュニケーション能力を
求められる時代ですから
ちょっと人と上手くいかないたけで
【自分の能力を否定されるようで】
不安がる人が増えました。

そのような人たちが
在宅になることで精神を安定させ
【仕事の効率が上がるのなら】
色々な働き方を肯定し
それぞれの人に見合った働き方を
推奨できる社会になってほしいです。

さぁ、改めて考えてみてください。
あなたに合いそうな
働き方はどんな感じでしょうか?

その目的は
【楽をしようとするのではなく、
  効率を上げるためだということを】
忘れないようにしてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:08| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: