2020年07月30日

どう考えればポジティブになれるか?

つい最近、
アスペルガータイプの女性から
立て続けに聞いた言葉が
【いつも最悪の事を
   考えながら生きている】
ということでした。

男性と比べると、割と女性の方が
思いを言葉にしやすい面があって、
出てきた言葉が共通していたので
結構ビックリしました。
おそらく男性にも
同じ考えの人は多いと思います。

どうして彼らは、
いつも”最悪の事態”を
考えてしまうのでしょう?
私なりに心情を読み解いてみると
【避けるため】と感じました。
いったい何を避けるのか?
それは、
批判されること、怒られること
パニックになることなどです。

当事者たちは
批判され、怒られ、パニクると
私たちが経験している以上に
【生きた心地がせず、
  苦しくてどうにもならない】
という経験をくり返しています。
もちろん程度差はありますが
大半の当事者の人が
「分かるわ〜」と
思っているのではないでしょうかね。

だから、
【常にネガティブなことを
    考える癖がついていて】
何十年もそうやって生きているから
ポジティブなことを探そうとしても
見つけることができないのです。

また、
【過剰に自分に厳しいので】
一般的にOKとされそうなことも
【自分には適用されず】
常に自分を厳しく罰している
心で過ごしているのだと思います。

そして思い切って言葉を発すると
めちゃくちゃネガティブ(;´・ω・)
周りは「なんて答えれば…」と
戸惑ってしまうでしょうね。
087-person-illustration.jpg
*****当事者の方へ*****
基本的な部分を理解してほしいのですが
当事者が日々過ごしている中にも
ポジティブに捉えられることは
大量に転がっています。

だけど、
当事者がそれに気づかないのは
【彼らにとってはどうでもいいから】
だと思います。
【幸せよりも危険予測】
みたいなイメージでしょう。

それから、例えば
自分が頑張ったことを
ピックアップしようとすると
思い浮かばない人が多くて
詳しいことを聞いてみると
【一般的に良くても
    自分はダメだ】という
謎のルールを作っていることが
割とあります。

その理由を聞いてみると
大体、つじつまが合わない。
理屈が通らず支離滅裂。
つまり
【根拠なく自分はダメだ】
思い込んでしまっているのです。

ですが、
【根拠がないということは
     それを証明できない】
ということですから
一旦その考えを切り離して
ポジティブを
ピックアップしてみてください。

周りは見えても自分が見えないって
すごく辛いことですよね。
(想像力の欠如から)
だから余計に他人と比較して
自分が一番になれないことには
自分がクズだと思ってしまう。

だけどそれ、違うんです。
実は私たちは
【自己満足の世界で生きていて】
ポジティブの基準も
自分たちで決めているのですよ。

理解できなくても
一応、知っておいてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 16:25| Comment(2) | 発達障害
この記事へのコメント
確かにwww批判されたり怒られたり、ほんと、苦痛です(笑
身体が、文字通り縮み上がる、ぴりぴり・ちりちりする、頭がまっしろけっけになる…….
お仕事中とかはマスクで隠れますが、口がぱくぱく・あうあうします(・ω・ピクッ)

*
そういえば、
学校等で書かされる「自己評価表」は悩みどころです!ww
「客観的」に!
しかも例えば入試とかだったら、「高くても低くてもだめ」ですからww
Posted by 璃都 at 2020年07月30日 16:47
>璃都さん
批判されるの怒られるのも、誰もが共通なのですが
【受け止め方】の方が違うのでしょうね。
いわゆる”極端な”考え方を自分に刷り込んでいる場合は
自分が崩壊してしまうのではないかというくらい
恐ろしい体験になることでしょう。

自己評価も難しいですよね。
発達特性を持つ人たちに理解しがたい「謙遜」を含むので
まずは謙遜の意味とか定義から入ることが
大切なのかなぁ?と思って、ネタとしてストックしてますが
謙遜を記事にするのはなかなか難しい(;^ω^)
Posted by whereabouts長谷 at 2020年07月30日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: