2020年09月05日

こだわってはいけないのか?

記事内でよく取り上げる
発達障害特性の一つである
「こだわり」について書きます。

対人関係において、
「強い思い込みやこだわり」があると
良好な関係を築けないことは
私のブログを読んでくださっている
みなさんなら分かっていることですよね。

そこだけ考えると
【こだわることは悪いこと?】
感じている人もいるかもしれません。

ですがそれは違います。
”こだわるからこそ”
良い作品ができあがったり
素晴らしい製品が販売されたり、
【こだわりの強さから生まれた
   私たちを助けること(モノ)】
世の中にたくさんあることは事実です。

ただ、
・どの程度こだわるか
・どの場面でこだわるか
・ある程度のバランスを考えて
こだわることで
良い結果を生むと考えられます。
m-action-022.png
*****当事者の方へ*****
・人に指図されたくない
・自分のタイミングで動きたい
・予定通りにしたい

このような考えを持っていて
【こだわれないと気持ち悪い】
という人がいます。

それで、
職場や学校で周りを巻き込んで
迷惑をかけてしまうことになるので
まずは
【自分ひとりで
   楽しめる範疇はOK】
考えるようにしましょう。

もし、自分自身では
「誰にも迷惑をかけていない」と思っていても
【人の立場に立って考えられないので】
気付いていないことが多いです。

例えば、
「あと5分待ってください」と
誰かを待たせたときに
【相手にも都合がある】とは気づけず
自分だけが楽しんで集中している。

こだわっている間、
【周りの流れを止めている】
気が付かないでいる、など
当事者自身は自分の世界に居るので
周りが見えないことが多いと知ってください。

まとめますと、
こだわっても大丈夫そうな場面は
・一人暮らしの家の中
・誰とも関わらない作業など
・時間の制約のないもの

この時、気をつけることは
・やるべきことは済ませておく
・タイマーで切り替えをする
・休憩も忘れないようにする

このように心がけることで
自分自身も楽しく充実できますし
周りに迷惑をかけることも減ります。

こだわることは良いことですが
【こだわりすぎると
     迷惑をかける】
考えるようにしてみてください。
そこには自分では気づけない
他人の気持ちが多数存在していて
人間関係に影響を与えてしまいますから
気をつけるようにしてみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 08:27| Comment(4) | 発達障害
この記事へのコメント
こんにちは、ごぶさたです.
長谷さん、お元気ですか.

>「あと5分待ってください」と
誰かを待たせたときに
【相手にも都合がある】とは……

なんとも;;;
お仕事での行き違いが難しくて;;;
Aさんは急ぎじゃないけど自分が今できない状況だから頼みたい、でもわたしも今やっている仕事を中断できないから待ってもらう…・
結果、璃都ができるようになって「やります!」と行った時にはAさんのその頼みは終わっている…….
申し訳なくなります.
Posted by 璃都 at 2020年09月06日 14:05
>璃都さん
いつもありがとうございます('ω')
「今すぐ」の言葉に対して、手を止められないことで
悩まれている人は多いですね。
例えば、医療現場や子育ての中では、この”今すぐ”を実行できないと困ったことになる可能性が考えられます。

だけど、どうしても中断できない時は、仕方がないのだと思いますよ(;^_^A
Posted by whereabouts長谷 at 2020年09月06日 17:06
当事者ではないのですが職場でサポートのようなカタチで特性をお持ちの方と関わっています。とにかくこだわりが強すぎて(指摘されたりして)思い通りにできないとすぐ不満やショートがおこりやすくなります。自分の思い通りにできるできないかでの極論になりやすく基本我慢ができません。
プライドと万能感と反省しない性分が合わさって意見が通らないとこちらを責める度合いが増し大変です。この内容だけではありませんが本当にここに書いてあることを見るとなるほどなと思うことばかりです。ありがとうございます。

当事者の方を変えたいとは思わないのですがせめて自覚してくれると幾分かは楽なのに、と思います。でもそれが簡単ではないからこそ拗れるしかないのだとも思うのです。今は少し距離を取るようにしていますがそれは何の解決にもなっていません…もう少しブログの記事を反芻して気持ちの整理をつけてから離れることを考えようと思います。わかりやすい内容でとても助かりました。
Posted by たつや at 2020年09月21日 19:48
>たつやさん

初めてのコメント、
とても嬉しく思います(●´ω`●)
ありがとうございます。

このケースでは、
特性よりも二次障害のことで
たつやさんが振り回されているのかと思います。

ポイントは、相手を褒めて一旦持ち上げておいて
本題となるところを突くやり方かと思います。

数回先になりますが、
この具体例を作成してブログに使わせてください。

ぜひ今後もお読みいただけますと幸いです。

Posted by whereabouts長谷 at 2020年09月22日 07:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: