2018年05月15日

「障害」なんて言葉が付くから…

ADHDタイプの人は
比較的、自分からその特性を伝えたり
周囲から指摘されたときに
その特性を受け入れやすく
割と楽観的なタイプが多いです。

その反対に
アスペルガータイプの人は
自らそれを認める人は少なく
誰かに指摘されたとしても
頑なに拒絶する人が多いです。

なぜ、こんなに受け入れられないのか?
という理由をお伝えします。


まず、アスペルガータイプの人は
IQが高い人が多く、
勉強ができて高学歴で
いわゆる「エリート」と
言われる人たちの中にも
たくさん存在しています。

例えば、
一流企業や官僚などです。

また、
シュッとした顔立ちの美男美女が多く
見た目の問題がありません。

この時点で、異性にとっては
すごく魅力的で結婚したい相手ですし、
本人もそれを認めているはずです。


ただ、付き合ってみると
・自分勝手な人
・他人に興味のない人
・人を見下す人
・気持ちが伝わらない人

こういった面が見られるようになるので
付き合っている人は
感情が振り回されます。

この時点で、
アスペルガータイプだと発覚しても
本人は受け入れられません。

なぜなら、
今まで上手くやってきた自分が
【障害を持って
   いるわけがない】
思うからです。

その指摘を受けた瞬間から
心を閉ざします。


それで、タイトルのとおり
「障害なんて
  言葉が付くから
    うまく伝わらないのだ」
…となってしまうのです。


このタイプの人に
現状を伝えたい場合には、
まず「あなたは…」から入ります。

本人の【得意なこと】を探しつつ
その反面
【〜が苦手だよね】と指摘します。
ここで、言い当てることが続くと
本人は
【自分の良き理解者だ】
感じることができ、
徐々に心を開き始めます。

そして、
安心して苦手なことを
打ち明けてくれるようになった時に
【アスペルガータイプ】の話を
持ち出します。

そのタイプの人たちが
とっても多くいることと
その頭脳が日本を救っていること、
素晴らしい能力を持っていることなど
どんどんプラスしていきます。


彼らは、目に見えるものがすべて。
だから「障害」や「症候群」という
名前に囚われてしまうために
受け入れられないのです。

カウンセリングを受ける
レベルになっている人たちは
【さんざん困った結果】
相談する気持ちになるので
比較的事実を受け入れやすいですが

【気持ちを推し測れないのに】
上手くやっていると思うタイプでは
周りが振り回されやすくなるので
いざ、パートナーとなった時には
とても苦しい状況が想定できます。
img130503_313-240x360.jpg
男と女の特性の違いみたいなもので
アスペルガーもADHDも特性が違うし
特性ではなく個性だから
【人に迷惑かけて
   いいものでもない】
ということですよね。

みんなが支え合って、
喜び合って分かち合えるのが理想です。

完ぺきとは行かなくても
双方の妥協点に落とし込むことが
上手く付き合っていけるポイントですよ。
posted by whereabouts長谷 at 08:37| Comment(0) | 日記

2018年01月04日

40代におすすめの美容液ランキング

なんだか最近…
劣化が加速しているような…
それで、昨年からひたすら
ネットで美容系の商品を
調べてばっかりの私です(^^;

しかも引っ越してからは
行きつけの美容室が遠ざかってしまい、
定期的に通っていたエステにも
まったく行けなくなりました。
(´・ω・`)

それでまた、
このサイトを教えてもらいました。↓

「40代におすすめの美容液ランキング」

サイトの一番最初から
耳の痛い言葉がwww

周囲の同年代の友だちは
みんなピチピチでかわいくて
若々しくて…
私より子供を
たくさん産んでいるのに
この差は!!!

明らかに、手抜きwww

そうですよね、
手入れの差が40代くらいから
明らかに分かってきてしまうので
手抜き最優先だった私が
今悩むのは当たり前。

日ごろから食べ物のことは
結構敏感に選んでいますが
【内側からも外側からも
     ケアは大切です】

食べ物・サプリメント、
そして直接肌に働きかけること。

化粧水は
ベースで一番大事だけど
美容液の栄養無しでは
生きていけない40代。

あなたも
チェックしてみてください。

紹介されている商品は
お試し的に
どれも初回は低価格です。

また、何を優先して
ケアしたいのかによって
選ぶ商品が違います。

ありがたいのは、
40代の問題点をしっかりと
分かりやすく
説明してくれていることです。

ただ「老けた」とは言っても
理由を知っておいたほうが
ケアするときに役立ちますし
自分の肌に何が足りないのか、
何を補えばいいのかの
判断材料になりますよね。

美容液と導入美容液の違いと
注意点を説明してくれているのも
分かりやすくて助かります。

それから、気になるのは
価格の問題です。
初回は低価格だけど
定期購入必須だったり
2回目からは高額だから
1回きりになってしまいそう。

美容液ってホントに高いです。

でもですね、
使った人なら分かると思いますが
【ごくわずかな量で
      効果がある】のです。

だから高額なものでも
使い切るまでの期間が長く
実際には
【思ったほど高くない】です。

選び方、使い方次第で
【他の化粧品が減る】ので
料金的には
あまり変化しないですよ。

私も以前
使っていましたけど
自分に合った美容液なら
他の化粧品が
少なくて済んでました。

化粧ノリにも影響しますよ。

今回教えていただいたサイトで
また新しい商品を知ったので
早速、注文しちゃいます♪

あなたも試してみませんか?(^^)
cosme_bottle-360x360.png
posted by whereabouts長谷 at 12:30| Comment(0) | 日記

2017年11月17日

感情表現が苦手


発達障害の傾向を持つ人は
【自分の気持ちを
  表現するのが苦手です】

心の中に感情はあっても
アウトプットできないことが
【ストレスにつながる】
ことが考えられます。

アメブロでは
遠慮して言えないケースを
挙げていましたが、
こちらでは、
・言葉がまとまらない
・感情すら整理できない
・表現力が弱い
・一時的な感情に惑わされる
・ついウソを言ってしまう
などの課題を抱える人について
書いています。

ただ、発達傾向の人が
この課題を克服するのには
よほど勉強などが好きでない限り
【とても時間がかかります】

ですから
支援側の情報として
役立ててほしいと思います。

こういったケースについては
【自発的な
   言葉を求めない】
ことが重要になります。

仮に感情表現できたとしても
【その場の一時的な】
感情であることも多く、
明日は言うことが違ってくる
なんてことがしばしば。。。

この場合に関しては
支援側の人が当事者を見て
【察した言葉を
    提示してみる】
ところから始めてみてください。

いくつかの言葉の中に
「そう、それ!」と
当事者が思えるような
言葉が見つかったときに
意思疎通が上手くいくことがあります。

当事者の気持ちに
ピッタリの言葉が見つかったとき、
その発達傾向を持つ人は
伝えることができた、という
【達成感】を味わうことができます。

その繰り返しによって
「自分も表現していい」という
【プラスの効果が働き】
より一層、モチベーションが上がります。
064-industry-illustration.jpg
定型発達の人だって
複雑な感情が渦巻いたときには
自分の気持ちが分からなくなる
ことがありますよね。

そういうとき、
「●●という気持ちなの?」とか
「今、●●って思ってるんじゃないの?」などと
言葉をかけられたら
その場で正しい感情が見つからなくても
【自分に向き合う
     きっかけに】
なるのではないでしょうか。
posted by whereabouts長谷 at 07:39| Comment(4) | 日記