2020年09月26日

人の怒りを感じられる人

前回に続き、
人からの攻撃を恐れる人は
相手の顔色を伺うことができ、
相手の怒りを察することができる
という話の延長になります。

確かに、
人の顔色を伺うことが上手で
相手の機嫌を損ねないように、と
先回りして動ける人はいます。

これも、別に発達特性と
直接関係しているものではなく
散々失敗して責められたことや
我の強い人たちに抑えつけられたことなどで
できあがった”性格”の一部です。

さて、この”怒り”を感じとりやすい人の
勘違いについて今回は書いてみますね。

一例として
【毒親に育てられた子ども】
取り上げてみたいと思います。

毒親の定義はざっくり言えば
【子どもの成長の妨げになる親】
細かいところの一部分、
今回のテーマに沿ったところで
表現すると
【気分ムラのひどい親】です。

特に、
母親に日常的に気分ムラがあって
母自身の気分によって
【干渉し過ぎたり無視したり】
くり返すことにより
子どもは一貫性のない親に対して
いつも【ご機嫌伺い】
するようになることが多いです。

小さい子どもにとって
【母親を失うことは命の危険】
という本能的なものなのでしょうか…
母親に見捨てられることに対して
恐怖心を持つ子どもが多いです。

こういったことによって
「人の顔色を伺う」クセがつきます。

発達障害の傾向を持つ人たちは
学校生活においても
【人間関係がうまくいかないので】
同じように顔色を伺うクセが
つきやすいのではないかと思います。

このクセが直らないと
【大人になってから
     エスカレートします】
596-peoples-free.jpg
*****当事者の方へ*****
自分は、いつも相手に対して
【怒っていないかビクついてしまう】
というタイプの人は
ここから先もぜひ読んでください。

確かに、爆弾発言をしてしまったり
相手の意にそぐわない時には
相手を怒らせてしまうとは思います。

それに、人の気持ちが分からないから
どんなことで怒らせるのか分からなくて
ビクビクしてしまうのも分かります。

だけど、
【相手がいつも
  怒っている前提で構えていると、
   怒っていない相手を挑発してしまう】
ということを知ってください。

どういうことかというと、
相手は普通に話しているつもりなのに
当事者が”怒られている姿勢”
接していることによって
【当事者が被害者ぶってしまう】
ということが起こりやすいです。

また、
「こう思っているんだよね?」などと
【相手が思っていないことを
     発言して徴発してしまい】
結果的に関係が崩壊してしまいます。

何が言いたいかというと
「人の顔色を伺う、怒りを感じるのが得意」
というタイプの人は勘違いしていて
【自分がいつも
   怒られている感覚にあるから】
相手と上手くいっていないということです。

立場の置換えが苦手だから
ピンと来ないかもしれませんが、
自分がいつも怒っていないのと同じで
相手がいつも怒っているとは限りません。

「それでも不安でどうにもならない。
 人付き合いに支障が出ている。」
といった状態が酷いのであれば
ぜひ心療内科でも受診してみてください。
posted by whereabouts長谷 at 15:37| Comment(2) | 心の健康を保つ

2020年08月18日

夏バテでしょうか…

この頃、また原稿を書くのに
遅れが出てしまっています。
せっかく楽しみに
待ってくださっている方々がいるのに
申し訳なく思います。
すみませんです。

なんというか…長〜い梅雨が明けて
急激な暑さに見舞われて
私の仕事場は3面ガラス張りなので
気温上昇がハンパないです。
エアコンの効きも悪く
サーキュレーターを使いながら
しのいでいる毎日です。

これだけ暑いと
みなさん集中力を奪われますよね。
それに、大したことをしていなくても
疲れやすくなりますし
心当たりがない人たちも
【メンタルの低下が考えられ】
相談されることも多々あります。

こういう時は
・人と比べない
・少し自分に甘くする
・早めの行動に切り替える
ということをお勧めします。

例えば、
発達障害の傾向を持つ人たちは
感覚過敏を持っている反面
【感覚の鈍い部分も存在していて】
それが体力面などに影響しやすく
気付いた時には
倒れる寸前だった、なんてことも
よくある話なのです。

だから、
「他の人が頑張れているのだから」と
同じように頑張りすぎるのではなく
【いつもよりも休憩を増やし】
早めの行動に切り替えるとは、
【タスクの数を減らして】
自分への負担を減らすということです。
このようなことを心がけながら
この夏を乗り切りましょうね。
gahag-0110479048-1.png
発達特性を持たない人たちも
「もう少しなら頑張れる」と
無理をしてはいけません。
【自己管理も
    社会的スキルの一つ】
考え方の転換をして
自分の身を守ってくださいね。

というわけで
今回は短めの内容で終わります(;^_^A

この記事では「暑いから」ということを
理由に書いてみたのですが
【頑張りやさんは、いつも気をつけて】
過ごしてみてください。
posted by whereabouts長谷 at 17:55| Comment(0) | 心の健康を保つ

2020年06月13日

悩みを解決するためには…

何らかの悩みを抱えたとき
何かの問題が起きたときに
人は、その原因のありかを
”外に向ける人と内に向ける人”
分かれると言われています。

「外」とは、自分以外のもの、
つまり「誰かや何か」です。
「内」とは、自分自身です。

そして、
どちらかというと
【内に向ける人の方が
   解決・成長しやすい】です。
よく聞く言葉で言えば
「他人と過去は変えられない、
  変えられるのは自分と未来だけ」
この”自分”に当たると考えてみてください。

外に原因を向ける人は
「自分がこうなったのは〜のせいだ」
という考え方になりがちなので
「周りが変われば自分が変わるよ」と
言っているようなもの。
それは、他人に変わってほしいと
思っていることと等しいです。

もしそれを本気で実行しようとすると
【暴力的・傲慢・強引・自分勝手】など
周囲との関係を悪化させてしまうような
トラブルが続くと思います。

それから、
内に向けるタイプの人たちでも
成長できる人とそうでない人に分かれ
簡単に言ってしまえば
【ただ責めるだけの人と
  問題点を探ろうとする人】です。

ただ責めるだけの人は
何かが起きるたび、ひたすら
【自分に悪口を
   言い続けているだけ】です。
それは”自分いじめ”なので
極端に表現すると
【見えない自傷行為】にも思えます。
これでは
心が痛んでしまいますよね。

そして、無意識に責めることを
クセ付けてしまっているので
言葉にはしなくても
【他人の荒探しが好きだったり】
【他人のミスを許さなかったり】
【他人も批判してばかり】
良好な関係は築けないでしょう。
029-industry-illustration.jpg
*****当事者の方へ*****
特性の有無には関係ない話ですが
発達障害特性を持つ人たちも
幼少時代から人との違いを感じ
自信をなくしていることでしょう。

表面上は立派に
振る舞っているつもりでも
特にアスペルガータイプの人たちは
【自分にも他人にも厳しすぎて】
人間関係で困っているかもしれません。

「だけど、考えても
  解決策が見つからないんだ」
こう言われる人もおおいです。

その時点で、
「絶対にこれでうまくいくはず」という
・思い込みに気づく
・他人の意見を取り入れる
・自分のミスを許す
ということが大切かかと思います。

思い込んでいる時は
”一方向”でしか考えられないもの。
もっと多面的に物事を見つめること。
そのためには
自分以外の新しい意見が必要。
それによって発見が生まれる。
それに気づけなかった自分を
責めて批判するのではなく
新しい情報を得ようと頑張った
その、自分の行動を認めること。

次回は
”それとこれとは別”について
記事を書こうと思います。
posted by whereabouts長谷 at 07:51| Comment(0) | 心の健康を保つ