2019年01月22日

悪口しか思い浮かばない

雑談が苦手な人の中には
何を話したらいいのか分からない
というだけでなく
【ネガティブな言葉しか出てこない】
というタイプの人もいます。

そのため、
人前で話せる内容が少なく
【浮いてしまう】ということが
起きてしまいます。
gahag-0065092258-1.jpg
良く言えば
【口数が少なくて聴き上手】
思われやすいですが
悪く言えば
【話題が少なくてつまらない人】です。

その原因は、育ってきた環境と
【考え方のクセ】
関係していると思います。

例えば
・親が悪口ばかり言う人
・周りがいじわるな人だらけ
・否定され続けて育った
・常に誰かと比べられた
・周りが優秀だった

このようなことが続くと
【誰かは良くて
    自分は悪い】
という考え方が
小さい子なりにクセ付きます。

そこに根拠はないですし
理論的になど考えられません。

「自分はダメだ」という言葉を
ずっと心の中で言い聞かせるので
その人の世界全てが
ネガティブなもので埋め尽くされます。

そのまま大人になると
社会に出てからより一層
コンプレックスに悩まされ
毎日が辛く苦しい日々に
なることでしょう。

解決の方法としては
・自分の好きな物(事)を探す
・誰か(何か)の良い所を探す
・ポジティブになれる本を読む
・人の発言に着目する
・自分との関係性を探す

最初にぶつかる壁は
【言葉が見つからない】という
現象かもしれません。

なぜなら、長い年月をかけて
ネガティブが染みついているので
【ポジティブな言葉を知らない】
みたいなもので、
仕方のないことなのです。

そのような時は
【周囲の手伝いが必要】です。
カウンセラーを利用しても良いですが
周りの人たちと一緒に
ポジティブな言葉探しに
取り組んでみてください。

好きなことや良いところを
見つけ続けるのはもちろんですが

支援してくれる周りにいる人たちの
「良い発言をする姿」を
まずは真似てみてください。
上っ面でもいいので
【みんなに優しい声掛け】
目指してみてください。

ここで大切なのは
【”みんな”の中には
   自分も含まれている】
ということです。

ネガティブな人は
【自分だけを
  別世界の存在と
    認識しがちなので】
周りの人と同じ世界にいることを
感じることが必要なのです。

物事の捉え方や考え方は
ちょっとしたことで
【色んなクセが
  ついてしまうもの】です。
そのクセを変えるためには
【多くの刺激が大切です】

自分に改善が見え始めると
【人間関係に変化が現れます】
自分を取り巻く人たちの
層が変わってくるのです。

これを解決するのは
とても難しい問題ですが
焦らずゆっくりと
【できることから】始めて
少しずつ変化していきましょう。
gahag-0109965768-1.jpg
posted by whereabouts長谷 at 08:25| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年12月25日

なんか調子悪い

数週間前、
「なんだか調子悪いな〜」という
日が数日間続きました。

実際には、
予定が思い通りにいかない、とか
仕事が順調にいかない、など
ちょっとストレスになることが
重なっていたかと思いますが

その程度のことは日常茶飯事なので
「なぜ今に限って…」という
気持ちになっていました。

1年を通して考えると
そういった気持ちは時々起こり、
具体的な原因が見当たらないことも
結構ありました。

このようなとき、
自分でどう対処しているかというと
【前日食べたものの見直し】
取り組んでいます。
数日前というのも考えます。

(以前にもお伝えしたことですが
改めてお伝えしますね。)
gahag-0016630065-1.jpg
私たちには
アレルギー反応というものが
ありますよね。

たとえそれが
検査結果に現れなくても
【弱いアレルギー】
あると考えている
ドクターも世の中にはいて、
私はその考え方に
賛同している側の人間です。

なぜなら、
私自身、昔から健康優良児で
検査に引っかからない
野猿のような健康児だった…

…にもかかわらず
親には認めてもらえず否定された
【自分でも
   よく分からない不調】
抱えてきたからです。

例えばチョコレート。
私は、チョコを食べると
喉が痛くなります。
キウイやパイナップルも
時々喉の痛みが出ます。
でも、健康体です。

あなたは、
よく分からない不調に
悩んでいませんか?

もしも似たようなことがあるなら
数日前に口にしたものを
見直してみてください。

それは、
【分かりやすく
  身体症状には現れない】
だけど
【原因不明の
   メンタル不安定】として
感じられることがあるかもしれません。

私の場合は、
カップラーメンが怖いです。
息子はグラタン・シチュー系。
犬は、マカロニ。

こういうことが分かるようになると
なんとなく避けられるようになりますし、
分かったうえで食べていれば
後日の不調はリカバリしやすく
メンタルの安定を保ちやすいです。

クリスマスやお正月、
ただ食べ過ぎるということだけでなく
体内に入れるものにも
気を配ってみてください。

食事ってやっぱり
大切だなぁ、って思います。

あなたもぜひ、
自分の体内に入ったものの
確認をしてみてくださいね(^^)
posted by whereabouts長谷 at 07:39| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年12月14日

イライラに向き合う

多くの人には、
イライラした経験があります。
特に、【身近なことほど】
イライラすることが多く、
自分から離れる事柄に関しては
イライラ度は低くなりやすいです。

それは、
【ある種の身の危険】みたいな
感覚を持っているからです。
・自分が誤解されてしまう
・自分の評価が落ちてしまう
・他の人に言いふらされる
・バカにされた気がする
・気分よくなれない
というような

イライラの原因が自分でも他人でも
【自分に対する何らかの不都合】
生じていると考えられます。

分かりやすいことで言えば
「悪口を言われた」とか
「失敗を笑われた」など。
また、
「自分の意見が通らなかった」
というような、相手の操作が
うまく行かかった時などです。

それで、イライラすると
精神衛生上良くないですよね。
食べ過ぎたり飲み過ぎたり
うっかり誰かに八つ当たりしたり。

それでもイライラに直接
【向き合う勇気が持てないと
    自分を正当化してまで】
何かを主張してしまいます。

以前にもお伝えしましたが、
イライラや怒りの気持ちは
【二次的な感情】なのです。
つまり、その前に
【一時感情が存在】しています。

悲しい・寂しい・不安などの
ネガティブな気持ちです。
まずは、そこに焦点を当てて
考えていくと
【イライラに向き合え】
自分の気持ちを冷静に分析できます。
gahag-009696.jpg
多くの苛立ちは
【自分が乗り越える課題】
変えることができます。
それは、
相手の悪いところは許さず、
嫌な役回りを引き受けなくても
できることなのです。

例えば誰かに
とても失礼なことを言われたら
「撤回してください」
「失礼ですよ」
「傷つきました」などと
【自分の言葉として】
発することができます。

それに対して、
【謝るかどうかは
    相手の問題】
自分側では、
【伝えることができたかどうか】
自分の問題になります。

そこで謝らなければ
腹が立つのは当然ですが
自分の思い通りには
いかないことも多いので
相手の態度が変わらなければ
距離を置けばいいのです。

距離を置かれた相手は、
【自分の行いによって】
信頼を失ったという
結果が待っています。

イライラは
誰にでもつきものです。
私もイライラします(^^;
そんなときは、
上記のような考え方で
自分の気持ちと向き合って
冷静に言葉にしています。

言葉にしない時もあります。
どういう時かというと
【相手に全く
  期待していない時】です。
「言ってもムダ」と感じれば
一瞬イラっとしても
どうでも良くなって忘れます。

つまり、
自分・他人に対して
イライラするときは
【自分や相手に
  期待している】という
考え方をしているのです。

よろしければ、
ストレスの軽減のために
参考にしてみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 09:39| Comment(0) | 心の健康を保つ