2018年04月22日

男女間のケンカの原因

最近は、「全くケンカしません」
という男女も増えてきていますが
やっぱり避けられないケンカ。。。

なるべく熱くなり過ぎず
お互い分かり合えたら
心のエネルギーが
消耗しなくて済むのに…
と思っている人も
たくさんいることでしょう。

ケンカの内容は様々だとしても
その中で少しだけ気をつけると
かなり楽になる方法があります。

そもそも、
男性と女性は
脳のシステムが異なるので
【相手の
  脳システムに
     切り替える】
というのがポイントになります。

男性は、話を聞くときに
【理屈で考えるので】
女性に対して
アドバイスをして
解決しようとします。

女性は、
【感情で捉えるので】
アドバイスなど
してほしいと思いません。
ただ最後まで聞いて欲しいのです。

これ、定番ですよね(^^;

それで、
「あ、もめそうだな…」と
お互い感じ始めたときには

男性は
【どうしてほしいの?】
確認すること
女性は
【言わなくても分かって】という
気持ちをストップしましょう。

会話がかみ合わなくなるのは
【理屈と感情の混合】
原因になりますから

・ただ聞いてほしい
・アドバイスがほしい
・性差でどう考えるか
といった
【具体的な目的を持つことで】
ケンカの頻度が
減ることが期待できますよ。
321-peoples-free.jpg
続きを読む
posted by whereabouts長谷 at 17:27| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年04月08日

幸せの基準

幸せの基準は
「その人自身」にあります。

当人が不幸だと思えば不幸だし
幸せだと思えば幸せで
【周囲には決められない】ものです。

だから、
たとえあなたの目に映る
目の前の人が幸せそうでも
そうとは限りません。

目に見えないところで
不幸を背負っていることもあります。

悲しいことや辛いことが
一度に起こってしまったり
長く続いてしまったりすると
人は誰でも
その不幸に注目しがちになります。

・大切な人を亡くした
・お金がない
・誰かに裏切られた

人生最大の悲しみや辛さに
見舞われると、
絶望感に支配されて
感謝や幸せなど
考えている余裕はありませんよね。

そんなときには
【思う存分
  不幸な自分を味わって】
少し落ち着いてきたときに
【当たり前に
   与えられていること】
目を向けてみましょう。

気をつけたいのは
【不幸感を
   外に向けないこと】です。

世の中の
幸せそうな人と不幸そうな人の違いは
その感情を
外に出しているかいないかだけで
【誰もが不幸を経験】しています。

程度の差はありますが、
幸せそうな人は
不幸な感情を【自己完結】させる
能力が高いのかもしれません。

さらに
【幸せを探すのが上手】
かもしれませんね。

冷静に考えてみると
どんなときでも、どんな形でも
【支えになる人】っているものです。

その人たちへの「感謝」を思い出して
幸せを探そうとしてみると良いです。
191-hand-illustration.jpg
その
【幸せの基準は人それぞれ】

ただ、
不幸を感じやすい人は
【求める幸せの基準が高い】
かもしれませんから、

一度に多くの幸せを求めず
少しずつ探すところから
始めることがオススメです。
posted by whereabouts長谷 at 08:35| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年04月06日

みんなに好かれる人になるには

人に嫌われるのが怖い
注目を浴びたい
人気者になりたい…

99人に好かれても
たった1人の
自分を嫌う人が気になり
それに囚われて
苦しんでいる人が
世の中にはたくさんいます。

その心の中は
・自分が分からない
・自信が持てない
・自分が嫌い
といった感情があって

【人からの評価を基準に】
自分の価値を決めるしかない
人たちとも言えます。

だから
たった1人に嫌われても
=ダメな自分
という評価になってしまうので
「いい人になろう」と決心します。
413-peoples-free.jpg
ここから、
ちょっと冷たい表現になります。
リスクのあることなので
敢えてマイナス要素を書きますね。

大雑把に表現すると
【自分と他人を騙すスキル】
これがあれば、
誰でもいい人になれます。

例えば
・自分はいい人だと思い込むこと
・好き嫌いの判断をやめること
・全ての人を肯定すること
・全ての人に公平に接すること
・身を削って他人に尽くすこと

いい人になりたいのになれなくて
自分はダメな人間だと思っていて
自信が持てないのなら、
上記を試してみれば分かりますが、

自分が好かれるために
自分の気持ちを満たすために
いい人になりたいというのは
【自己犠牲】そのものです。

これでは本末転倒。
人のいいなりになる自分
表現を許されない自分
うそつきの自分
そんな自分を、好きになれますか?

それに、
「いい人」と呼ばれる人にも
それなりの悩みがあるものです。

優柔不断に思われたり
特別扱いが分からなかったり
仲間がいないと不安だったり
予想外の気持ちを
持っていたりしますよ。

だから、
人の目はほどほどに気にして
自己評価もそれなりに取り入れて
自分を取り巻く周囲の人との
ご縁に感謝しながら
自分と向き合ってみては
いかがでしょうか。
posted by whereabouts長谷 at 08:46| Comment(2) | 心の健康を保つ