2018年09月17日

誰かに相談した方がいい理由

カウンセリング業を営む私は
人に相談される立場ですが、
そのような立場を取り払っても

誰もが悩んだりしたときには
【人に相談した方がいい】
思う理由についてお伝えします。

相談する相手は、
【相談内容にふさわしい人】
あることが大前提ですが、

まず、
【自分の考えや気持ちを】
表現する機会が増えます。

最初は言葉に詰まるかもしれません。
言いたいことが
まとまらないかもしれません。

それでも落ち着いてゆっくりと
感じたままの言葉を
アウトプットし続けることで
【表現力が身につきます】

次に、
自分ひとりで悩み考えていると
何か考えが浮かんだとしても
【主観しか出てこない】ので
その先に
【偏りが生じやすい】
考えられます。

ですから、
誰かに聞いてもらいながら
その人の考えも聞かせてもらい
それを参考にしつつ
自分の考えがまとまったとき、
【主観以外の考えが含まれる】
可能性が高まるので
考え方の偏りが軽減されます。

それだけではありません。
誰かの考えを聴くことは、
意外と覚悟が要るのです。

それを受け入れようと思ったとき
【他人への肯定感が生まれ】
それは、自分の気持ちにも
良い影響を
与えてくれることが期待できます。

信念を貫きたいとか
自分の考えが正しいとか
迷わない自分自身も素敵ですが

時にはそれが
【思い込みや偏り】
あることも考えられますから
やはり相談相手は
誰にでも必要ですよね。

自己完結型の人は
特に気をつけて
色々な選択をしてくださいね。
241-free-pictograms.jpg
posted by whereabouts長谷 at 08:00| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年07月24日

お砂糖には気を付けて

昨日、空腹を満たすために
ジャムを飲んでいる
芸能人をテレビで見ました。

すっ…すごい…
という感情と同時に
「危ないよ!」という言葉も
心の中で浮かびました。

空腹時に糖分を摂取する、
…ということは…

病気で言えば、
糖尿病などのリスクがありますが
メンタルで言えば
【精神不安定】
危険性が考えられます。

お砂糖にも
【覚醒作用】をもたらす
成分が含まれていると
言われていて

摂取と同時に覚醒して
それが切れるころに
また欲しくなるものです。

何より心配なのが
【血糖値の
 急上昇と急下降】です。

これを繰り返すことによって
メンタルに不具合が生じてきます。

特に
【発達障害の人は
      要注意】です。
お砂糖以外にも
たくさんありますけれど
多くの人が知っている情報ですが
ここで改めて知ってください。

定型発達でもそうでなくても
【食べ物は
  精神に影響する】ことを
忘れないでほしいと思います。


「どうしても甘いものを…」
img150404_3-540x360.jpg.pagespeed.ce.1D8nPmJX_3.jpg
甘党ならそう思うでしょう。
そういうときは
【オリゴ糖】はどうでしょうか。

オリゴ糖は
【腸に良い成分】でできています。
色んな考え方がありますが
「腸が健康の基本」という考え方は
私も賛成しています。

「果物ならいいでしょ?」
とも思いますが
酵素摂取には重要な果物も
「果糖は大丈夫なのだろうか?」
という疑問が浮かびます。

いずれにしても摂取の程度は
ほどほどに、お願いしますね(^^)
posted by whereabouts長谷 at 07:31| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年07月16日

なかなか決められない

「今日何食べる?」

あなたは、そう聞かれたら
すぐに答えられますか?
それとも
「なんでもいいよ」と
言ってしまいますか?
BBQ1-479x360.jpg.pagespeed.ce.NB7TF_P8GP.jpg
世の中には
色んな人がいますけど
今回は「決められない」
ことについて
考えてみたいと思います。

即決できる人からすれば
なんで、
【自分のことなのに
  自分で決められないの?】
と思えるでしょうね。

私もせっかちなので
そう思っていた時もありました。

でもカウンセラーとして
視点を変えて分かったことが
いくつかあります。

答えられない人は
【相手の中の
  正解を探しているから】
答えられないのです。

そこで不正解を
出したくないのです。
それによって
【自分の評価が下がる】
勘違いしています。

他にも
【誰かに決められる】のが
経験として多かった場合にも
決めることそのものが
難しく感じてしまいます。

こういったタイプの人は
何度も同じ言葉を
自分に言い聞かせてくださいね。

【人は誰でも
  自分の気持ちを
    表現していいのです】

例え相手と意見が違っても
考えや価値観が違っても
【それが当たり前】
その違いを
【共有することが】
コミュニケーションです。

相手に自分を任せたり
相手の答えばかり求めず、
自分の心の声に
耳を傾けてくださいね。

そして、私のような
せっかちタイプの人は
「ゆっくりでいいよ」と
優しく見守って、
受け止めてあげてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 11:32| Comment(2) | 心の健康を保つ