2019年06月14日

暴力は抑止力になるか?

昭和の教育はスパルタでした。
しつけと称して体罰は当たり前
学校の先生は竹刀を持ち歩き、
校則をやぶった生徒は
容赦なく暴力を受けました。

当時の先生からすれば
「いや、パーで
  やったからセーフでしょ」と
言いたくなることかもしれませんが
結果的には
グーだろうがパーだろうが
どっちも同じ(--;
457-free-pictograms.jpg
ところで、
暴力は本当に効果があるのか、
疑問におもいませんか?

私が学んだ内容では、
【一時的な
  抑止力にはなる】
ということでした。
「じゃぁ、効果がある」と
短絡的に思わないでくださいね。

一時的には、問題行動などを
抑えつけることができる
…ということは、
【また繰り返す】とも言えます。
だから結果的には
効果がないことになります。

そして、暴力を繰り返すことで
【恐怖心と恨みの蓄積】だけは
一時的でなく継続されるので
【問題行動が増える危機】
考えておかなければいけません。

もし、逆のパターンなら
恐怖から委縮してしまい
【正しいことが行えなくなる】
可能性があります。
(極端な例を出しています)

ですから、やっぱり
【暴力は意味がない】のです。

未だ、虐待などの事件が
なくならない状況ですが
大人がどんなに
自分の行いを正当化しても
暴力自体に意味がないのだから
【大人が
  冷静で賢くならないと】
いけないのだろうなぁ、と
思うこの頃です。
posted by whereabouts長谷 at 16:16| Comment(0) | 子育ての参考に

2019年06月12日

義務を知らない若者たち

とある事件がきっかけで
この頃感じることがあります。

大きくは社会的な問題で
細かくは親のしつけになるのですが
あなたは自分自身の
【義務について
 考えたことがありますか?】
私は昭和生まれで
その当時の教育体制はスパルタ。
教師は力や暴言で
生徒を抑えつける時代でした。

私も何度かやられましたね。
髪を引っ張られたこともありました。
デリカシーのない男性教師に
反論したら
こぶしを振り上げられました。
…根に持ってますw

その頃の考え方としては
・義務教育は中学まで
・勉強しないなら働く
・実家ならば生活費を払う
といったことが当たり前として
考えられていたと思います。
(少なくとも私の周りの
   一般的な考え方として)

学校教育や家庭教育で
意図的に教わらないとしても
【義務をみんなが知っていた】
と言えます。
12091559-480x360.jpg.pagespeed.ce.bG_AhIGpUk.jpg
ところが、
当時と違って今は
どんな仕事を選ぶのか
どんなパートナーを選ぶのか
どんな生き方を選ぶのか…
といったように
【選ぶことが許される時代】です。
社会がそれを許しています。

だから、親さえ許せば
学校を出ても働かなくていいし
もっと勉強したければ
学費を出してくれる人はいるし
身の回りの世話もしてもらえます。
結婚後の生活費を
もらう夫婦もいるほどです。

それが、
昨今問題となっている
中高年の引きこもりと
関係があるかは分かりませんが
中高年だけでなく
私がよく対応している年代の
20代にも多いと感じています。

「義務」というと堅苦しくて
押しつけがましく感じますが
【そういうものなんだ】という
極々当たり前のことです。

以前、「義務と権利」に関して
ブログを書いたことがあります。

今の時代、今回の対象者だけでなく
誰もがやってしまいがちなことで
【義務を果たさず
  権利ばかり主張する】という
残念な事象が起きています。

例えば公園の遊具問題。
中には、親が目を離していて
子どもがケガをしたケースもあります。
それでも親は役所を訴える。
そして遊具は減っていく。

もう一つ、
大して仕事のできない人間が
仕事で成果を上げられないのに
繁忙期にも関わらず
急に長期休暇を取って旅行に行く。
それについて指摘すると
「パワハラ」だと訴え始める。

要するにここでの「権利」とは
【誰かや何かの
   せいにして
    要求を呑ませる】ことです。

誤解しないで欲しいのは
権利は誰でも主張できます。
ただし、
【義務をきちんと
   果たした人だけが】
許されることだと思います。

話は戻って、
大人になっても働けない、
といったことが起きないように
小さな頃から気にかけてあげ、
【相談し合える関係を築き】
親子間のコミュニケーションを
大切にすることが必要です。

その中で、
いつか親がいなくなった後に
子どもが独りで生きて行けるよう
【働くことについて
  教えるのも親の役目】と捉え、
色んな話をしてみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 17:43| Comment(0) | 子育ての参考に

2018年10月09日

思春期女子の心理

子育ての中で
一番難しい時期と言われる
思春期に差し掛かり
女の子の心理状況について
相談を受けることがあります。

私を含め母親は
【同じ時期を
  過ごしていることから】
自分の体験に照らし合わせて
考えがちですが、

それでも
わが子だとしても
別人格なので
【同じに考えない方が】
子育てはうまく行きます。

ただ、
今も昔も変わらないのは
女子同士の付き合いに悩む
思春期の女の子が
どんなふうに
関わっているか、ということです。

思春期女子は特に、
【自分たちと違う人を
   排除したがります】
心身ともに変化が大きくなる
中学生から高校生くらいです。

挙動に違和感のある女子と
自分より魅力的な女子が
ターゲットになります。

けれども、
攻撃側にあたる
女子の心の中は
【コンプレックスだらけ】
であることが多く
まだまだ幼いので
【自分の問題を
   解決できず】
別の行動を取ることで
逃避していると考えられます。

思春期女子は
【とにかく不安】なのです。
そして、
【弱い子が大好き】です。
なぜなら、
その子をかばうことによって
【優越感に浸れるから】

優越感に浸りながら
【自分の心を癒します】

今回、
このタイプを取り上げたのは
こういった一例が
いじめの根源と
考えられるからです。

体が成長しても
【心が成長していないから】
誰かのせいにしながら
【自分の問題から
     逃げたい】
言える時期なのだと思います。

ただ、意外にも
その問題を抱えたまま
大人になり、
【保護者化している】
タイプが多くいます。

それも無自覚に、です。
150705210784_TP_V.jpg
【子育ては連鎖します】
だからせめて
社会に出た早いうちに
その問題は
解決させておきたいですね。
posted by whereabouts長谷 at 06:12| Comment(0) | 子育ての参考に