2018年10月09日

思春期女子の心理

子育ての中で
一番難しい時期と言われる
思春期に差し掛かり
女の子の心理状況について
相談を受けることがあります。

私を含め母親は
【同じ時期を
  過ごしていることから】
自分の体験に照らし合わせて
考えがちですが、

それでも
わが子だとしても
別人格なので
【同じに考えない方が】
子育てはうまく行きます。

ただ、
今も昔も変わらないのは
女子同士の付き合いに悩む
思春期の女の子が
どんなふうに
関わっているか、ということです。

思春期女子は特に、
【自分たちと違う人を
   排除したがります】
心身ともに変化が大きくなる
中学生から高校生くらいです。

挙動に違和感のある女子と
自分より魅力的な女子が
ターゲットになります。

けれども、
攻撃側にあたる
女子の心の中は
【コンプレックスだらけ】
であることが多く
まだまだ幼いので
【自分の問題を
   解決できず】
別の行動を取ることで
逃避していると考えられます。

思春期女子は
【とにかく不安】なのです。
そして、
【弱い子が大好き】です。
なぜなら、
その子をかばうことによって
【優越感に浸れるから】

優越感に浸りながら
【自分の心を癒します】

今回、
このタイプを取り上げたのは
こういった一例が
いじめの根源と
考えられるからです。

体が成長しても
【心が成長していないから】
誰かのせいにしながら
【自分の問題から
     逃げたい】
言える時期なのだと思います。

ただ、意外にも
その問題を抱えたまま
大人になり、
【保護者化している】
タイプが多くいます。

それも無自覚に、です。
150705210784_TP_V.jpg
【子育ては連鎖します】
だからせめて
社会に出た早いうちに
その問題は
解決させておきたいですね。
posted by whereabouts長谷 at 06:12| Comment(0) | 子育ての参考に

2018年09月14日

「子は放っておいても育つ」時代は終わった

タイトルのような言葉、
耳にしたことはありませんか?

昭和に子育てをした世代の人たちは
それを「当たり前」くらいに思って
私たちを育ててくれました。

今、平成の終わりが近づき、
私自身【子育ての違い】
たくさん感じていますが
具体的に言葉にして
まとめることが
大切かと思いました。

というのも、
現代での子供たちは
放っておいたら
【身体だけ育つ】けれども
【心が育たない】のだと
思う場面が非常に多いからです。
IMG_9713-240x360.jpg.pagespeed.ce.EjbpNuVr1B.jpg
自分で考えること
体験すること
共有すること
こういった機会が
大幅に減っているので
子供たちが大人になった時
【社会に適応できない】もしくは
【主体性のない】大人に
なってしまうかもしれません。

では、
どうすれば良いのかという
提案ですが…

「お花」をイメージしてください。
衣食住という「水」を与えます。
毎日、毎日丁寧に。
水は与えすぎると腐りますから
【愛を持って適度に】です。

すると、芽が出てきます。
たくさん出すぎた芽を放置すると
それぞれが育ち切らないので
間引きします。
【伸ばすスキルと
  伸ばさないスキル】です。

徐々に芽が育って
それなりに大きくなり始めると
肥料や栄養剤を与えますよね。

【精神を支える親の言葉】
という肥料は、
今の子供たちには特に
【必要不可欠】です。

「親の言葉」というのは
・自分の考えに偏らない
・親子とも尊重し合える
・親自身が素直であること
が重要になります。

それは、
最初から可能なことではなく、
【親自身も子供と一緒に】
育っていくということです。

今回は、「花」をイメージして
記事を書いてみました。

キレイな花が咲いているのは
【たくさん肯定して
    もらえたから】です。
【たくさん関わって
    もらえたから】です。
雑草のように
力強く咲く花も多いけれど
【雑草として
   生きにくい時代】だから
必要な考え方なのだと
私は思っています。
posted by whereabouts長谷 at 08:47| Comment(0) | 子育ての参考に

2018年08月30日

子供の立場で考えてみる

カウンセリングでは
子育てにかかわることで
・何を考えているか分からない
・何も話してくれない
・相談してくれない

といった
親の立場からの相談事例が
数多くあります。
IMG_8687-150x100.jpg.pagespeed.ce.yrk8QI64Yv.jpg
詳しく話を伺う中で
色々な疑問を投げかけ、
さまざまな矛盾に気づき
でも、
【子供が大きくなるほど
      修正不可能に】
なりやすいことにも
気がついてしまいます。


例えば、
本来は向き合うべき
タイミングなのに
「思春期なんてそんなもの」とか
「先生や友達に頼るだろう」などと
親としては
【見守っているつもりの】ことは、

意外と、子供の立場からは
【ほったらかしに
    されている】
感じてしまうことも
多いものです。

「だったら相談しなさい」と
親なら言うでしょうね。

それも子供の立場では
【どうせ否定される】
【考えを押し付けられる】
【気持ちを分かってくれない】
などと思ってしまうことも多く、

最終的には
【口を閉ざしたほうが楽だ】
という方法を
選択してしまうのです。

これが、
子供のことが分からなくなる
メカニズムの一部です。

今、小さいお子さんを
育てている親御さんは、
【自分に正直に】
【反省できる自分を作り】
【大人ぶらない対応で】
子供と向き合うことを
お勧めします。

【教える=偉そうぶる】
という公式を
捨ててください。

そして、
子供がすでに
大人への道の完成時期にいる
親御さんは
【関係修復まで
   20年待つくらい
     待つつもりで】
ほどほどの
  距離を取ってください。

ムリに修復しようとすると
子供は大人になりきれず
中途半端な立ち位置に置かれ、
【気持ちの整理が
     できません】

特に実家暮らしでは
さらに重要なことで、
【自立心に影響します】

率直に表現しますと、
子供が生まれたからと言って
【親の自覚は不要】
私は思っています。

それ以上に大切なのは
【同じ人として
   対等な扱いで
      育て上げる】
ことだと思います。

主観が色々と入りましたが
お役に立てると幸いです。
posted by whereabouts長谷 at 09:48| Comment(0) | 子育ての参考に