2018年09月20日

発達障害の人を、支える人の悩み

発達障害の傾向を持つ人を
支える人たちは、
【その世界に振り回される】
という悩みに苦しんでいることが
多いです。

特性の程度差に関しては
あまり関係ないかもしれませんが、
軽度の人は
【特性と性格の境目】くらい
微妙過ぎることから
支える側も見抜くことが難しく、

そのため、
いつも通りの対応を
うっかりしてしまって…
という頻度は高くなります。

どんどん増えていく
相談事例を通して
分かってきている(あるある)
ことなのですが、
大まかに3つ、挙げてみます。


●周囲の理解が得られない
 状況を説明しても、
 程度や頻度に違いがあって

 言ってしまえば
 一般的に経験しないくらいの
 頻度などになっているため
 簡単には説明しきれません。

 そのため、表面上だけだと
 「そんなの誰でも経験する」とか
 「どの家庭でも当たり前にあるよ」
 といった感じで
 笑って流されてしまうのです。

●本質が伝わらない
 上記からの続きで、
 「結局何が問題なのか」を
 明確に伝えられないのです。

 大げさに言えば
 全てが問題、ともいえるくらい
 一般的な状況とは
 質が異なります。

●一般的な苦しみと異なる
 ここまで書いておいて
 情けないことですが、
 「あぁ…ホントに
  説明できなくなってきた…」と
 私自身が思っています(^^;

 つまりは、
 発達障害の特性が理解できて
 自分の中で消化できた時にしか
 わからない、と捉えてください。

 それも
 ネットや本などに載っている
 マニュアル程度では
 理解しきれないことばかりです。

最近のこういった事例では、
発達障害当事者のやらかしたことを
ボヤいているお客様に対しては

比較的
一緒に笑い飛ばすことが
増えました。
(もちろん、特性などを
 ご理解いただいたうえでです)

「また、やらかしたね」
「なんちゅうこと言うねん」
「あぁぁ、でたよ、それそれ」

一緒に笑い飛ばしているタイプの
お客様は、口をそろえて言います。
相談終了時には、

・そんな変人が好き
・良い出会いになった
・やっぱり離れられない

当事者たちの特性を受け入れ、
向き合おうと決心したとき

周囲からの理解を得られないことは
とても大変な苦しみだと思いますが

その特性もまた魅力
悪口を言いながら
笑い飛ばせるようになったら
きっと良い付き合いが
続けられると思いますよ。
mizuho17810DSC_1004_TP_V.jpg
posted by whereabouts長谷 at 09:54| Comment(0) | 発達障害

2018年09月06日

発達障害者は海外生活が肌に合う?

久しぶりに「カウンセラーの言葉」を
更新しました。

保存版ですので
サイトでご覧くださいね。


DSC01113-270x360.jpg.pagespeed.ce.R0YimxpzVT.jpg
posted by whereabouts長谷 at 17:43| Comment(0) | 発達障害

2018年09月05日

発達障害と自動車運転事故率

18歳以上になれば
自動車の運転免許取得に向けて
自動車学校等に通うことができます。

将来のために
免許を取得することは
大切なことではありますが、

発達障害の傾向を抱える人たちが
自動車を運転することの
リスクも考えることが
必要なのではないかと思います。
IMG_9033-540x360.jpg.pagespeed.ce.OA63TwmMXx.jpg
例えば、
・カッとなりやすい
・とっさの判断ができない
・刺激でパニックを起こす
という特性を持っている場合、

暴走行為や
ブレーキが踏めないなどの
危険が想定できます。

運転中にボーっとしたり
追い抜かれた車に
イラっとしたり、
思い浮かべると
多くの危険ばかりです。

もっと時期をさかのぼると
免許取得のための
教習所時代に関しては

・教官の指示が分からない
・学科の内容が理解できない
・継続して通えない

といった問題も
あるでしょうね。

それでもなんとか
免許が取得できたとしても
【事故率は高い】ことを
知っておいてほしいと思いました。

仮に、事故を起こしたとしても
発達障害であることは
【言い訳にはなりません】

自分の運転に
責任を持たなくてはいけないのです。

その逆に、
歩行者の立場としても
常に気をつけておきたいのは
【ドライバーの人たち】の中にも
たくさんの発達障害者がいる
ということです。

ですから、
青信号だからといって
安心していないで
【周囲を警戒してください】

こんなふうに言うと
安心して過ごせない
感じがしますよね。

ただ、ちょっとした警戒は
常日頃大切だ、ということなのです。
100%何か(誰か)を
信じるのではなく
多少の
【疑いの目を持つ】ことも
時には大切だと思います。
posted by whereabouts長谷 at 11:00| Comment(2) | 発達障害