2018年07月13日

人のせいにしてしまう理由

発達障害の傾向を持つ人たちの
話題にのぼりやすいのが
【すぐ人のせいにする】
という悪口です。

責任逃ればかりだとか
全部人のせいだと思っているとか
さらに、
人のせいにして怒鳴ったり
暴れるケースも少なくありません。

周囲の人たちにしてみれば
自分勝手にもほどがあると
感じてしまいますし
嫌われてしまって当然です。
518-free-pictograms.jpg
では、
なぜこのようなことに
なってしまうのでしょうか?

考えられる理由は
【状況が把握できない】
⇒自分の何が、
 周囲を困らせたのか?
 どうして悪い結果を
 招いたのかが理解できず
 自分には非がないと思う

【一部分でしか考えられない】
⇒物事の全体を把握できないことと
 自身の振り返りが苦手なことで
 誰かの悪かった点と
 悪かった結果にのみ
 注目してしまう

【謝ることができない】
⇒昔から失敗ばかりして
 誰かに叱られたことなどが
 トラウマとなり、
 言い訳で解決させたいと
 思ってしまう
 そう伝えれば納得してくれると
 勘違いしている

他にも色々ありますが、
いずれにしても
【誰かの指摘がなければ】
振り返ることもできず
ひたすら
【同じ失敗を繰り返し】
人との関わりが嫌になり
孤独を選ぶようになります。

こういったケースでは
【異性の方が良い】です。

同性の場合だと
敵対心を持ちやすいですし、
さらには
パートナー以外の異性の方が
効果が高いことも考えられます。

それは、
発達障害の傾向を持つ人は
パートナー(家族)になると
【自分と同じ考えを
   持って当たり前】といった
ちょっと不思議な価値観を
持っている人が多数だからです。

つまり、結婚した途端
自分のことが
全て理解されると思うのですね。

そこですれ違いが起きて
関係が悪化してしまいます。

この件も
後日記事にしたいですが
まだ私の中で
きちんと説明できないのですよね…。

いつか、書きますね。

最後にまとめますが、
「すぐ人のせいにする人」は
定型発達にも普通にいます。
ただ、その頻度が
発達障害の人には多く
(失敗が多いため)
目立ってしまいます。

このようなときの考え方は
誰かや何かの責任にばかり
していても解決しないので
【一緒に考えましょう】
という姿勢で
起きた事実を振り返ることが
その後の改善につながります。
posted by whereabouts長谷 at 17:38| Comment(0) | 発達障害

2018年07月10日

会話の速度を調整する

これは、私たち誰もが
気を付けておくと良いことです。
さらなる良好な人間関係のために
ぜひ読んでみてくださいね。

発達障害の傾向を持つ人は
自分の気持ちを
【表現する言葉が出にくく】

なのに会話の速度は
【とても早口】という
タイプの人が多いです。

【頭の回転が速いので】
特に興味のある分野については
マシンガン状態になります。

だけど残念なことに
元々おしゃべりに慣れていないせいか
人とたくさん会話していないせいか
分からないのですけれど
【活舌が悪い人も多い】です。

そして、自信のないことは
「ボボボボボ…」レベルで
小声になる人もいますね。

なので、
聴き取る側は結構大変。

その人の独特な
話し方に慣れるまでには
とても時間がかかってしまいます。
060-people-illustration.jpg
ですから、
発達障害の傾向を持つ人は
得意な話をするときほど
【会話のスピードに
     気を付けて】
相手に伝えることをしてください。

では、どのくらいの速度かを
言葉で説明しますと、

自信のない時が「1」とすると
普段の速度が「3」
聴き取りにくい
速すぎる状態は「5」です。

普段のことを振り返ってみて
どうでしょうか。
当てはめてみてください。

普通の速度を保つことは
【定型発達の人でも苦手】
というタイプが多いので
参考にしてみてください。

特に注意が必要なのは
【相手も早口な時】です。

つい相手の速度に流されて
とても忙しい会話になってしまうと
後からドッと疲れます。

そういう時は
普通よりゆっくりの「2」
意識して会話してみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:29| Comment(0) | 発達障害

2018年07月05日

主体性がない

発達障害の傾向を持つ人もですが
定型発達の人でも当てはまります。

前回のブログに引き続き
仕事において考えてみます。

今回は「指示待ち人間」に
限定して書きますね。


【主体性のない人】では
自ら仕事を
見つけ出すことが苦手です。

ですから職場では
指示されたこと以外は
できません。

それを見て周囲は
「言われたことしかやらない人」とか
【指示待ち人間】だと
レッテルを張るかもしれません。

だからといって
そのまま放置するわけにはいかず
どうしたものかと
上司などは頭を抱えるわけです。

このような場合の対応法としては
同じ作業についてはそのままで、
日替わりの作業は
【リスト化して伝えます】

その際に、最後の項目を
一つ増やしてください。

【次の指示を仰ぐ】です。
020-internet-illustration.jpg
指示する側は
それまでに指示内容を増やし
声をかけられたときに
すぐリストを渡せるようにします。

相談事例では
「これが自分でできないと
   ここにいる意味がない」などと
言われるケースも結構ありますが

比較的
【一部だけ手伝ってもらえると】
残りの作業がこなせる人が
多いのではないかと思います。

そして、これからの時代は
【さらなる作業の細分化】
求められるのだと思います。

ですから、
これを読んでくださった方は
自分自身も、周囲の人も
困った点はないかなどを
改めて振り返ってほしいです。

【人は万能ではないから】

最低限、これができるという
【ボーダーラインの変化】
受け止めるのが
良いのではないでしょうか。

ただし、
苦手を克服せず放置し
いつまでも誰かに
甘えっぱなしでは
見放されてしまいます。
その点は
指示される側もしっかりと
覚えておいてほしいことです。
posted by whereabouts長谷 at 07:14| Comment(0) | 発達障害