2018年01月09日

他人に頼りすぎる人


「困ったときはお互い様」

この考え方に
賛同できない人も
多々いることと思いますが

にっちもさっちも
行かなくなってしまったら
致し方なく
誰かを頼るしかありません。

ただ、
【頼りすぎるのも問題】ですよね。

では、どの程度
人を頼って良いのでしょうか?

タイトルの通り
人に頼る前に
【自分でできることはないか】
じっくりと考えてみましょう。

例えば、お金がなかったとして…
お金を借りたり貰ったりすることが
人に頼るということですよね。
530-realestate-illustration.jpg
その前にできることとして
・自分で稼ぎましたか?
・仕事を選り好みしていませんか?
・無駄遣いはしていませんか?

もしも、病気などで働けない場合は
・支援について調べましたか?
・誰かに聞いてみましたか?

ちょっと厳しい表現になりましたが、
実は、頼りすぎる人は
自分のやれることをせずに
【全て誰かに頼んでしまう】
という傾向があるのです。

そのため周囲からは
煙たがられてしまいます。

また、
【どうすればいいか
     分からない】
という場合もあります。
そういう人が身近にいたら
【まず自分ですること】について
知らせてあげてください。

頼りすぎる人は
【自分で動こうとせず、
   他人を動かそうとします】
それを当たり前と思っています。

家族や親戚の中で
そういう育ち方をしていて
ずっとそこで許されるのなら
問題はないでしょうが、
誰もがいずれは
【自立する時期を迎える】のです。

そのために
【物理的ではなく
   精神的な協力で】
誰かの支えになることが
とても大切だと思います。

つい誰かに頼っちゃう…と
自覚のある人は、
【モノより知恵を】
得る目的に変えてみましょう。
きっと良いことがありますよ。

posted by whereabouts長谷 at 08:25| Comment(0) | 人間力アップ

2018年01月03日

人が集まるところに人は集まる


大勢の人の中心にいる時
自然な自分のままいられたら
人間愛を感じることができて
とても幸せだと思います。

誰もが自分を認めてくれて
自分を大好きだと思ってくれたら
存在価値が高まりますし
自信もみなぎることでしょう。

ただ、その人を取り巻く
大勢の人の中には
中心にいる人に対して
【特に興味がない】
【別に好きじゃない】
【あまり知らない人】
といった感覚を持つ
タイプの人も存在します。

それならどうして
他の人と同じように
集まっていくのでしょうか?

これは【集団心理の一つ】です。

みんなが興味を持っているから
気になってしまう状態で、

例えば街中で
何があるか分からないけど
人が集まっているから
つい自分も…ってことありますよね。

それと似た感じですよ。

また、友達が仲良くしているから
自分も仲良くしておこうという
協調性の場合もあります。

つまり、
色んな人に囲まれた
中心にいる人物に対して
周囲のみんなが
純粋に
興味や好意を持っている、
とは言い切れないのです。

その中心にいられない
寂しい思いをしている人は
この仕組みも知っておくと
少し気持ちが楽になると思います。

人間は、集団になると
【攻撃性を増します】
だから攻撃されないように
集団に入り込みます。
攻撃対象は集団の外や
集団から外した人になります。

そういう不安におびえながら
人付き合いをしている
ケースも多々あるので
【多数派だけが
 正しいとは言い切れない】
            のですよね。

複数人での付き合いが
苦手だとしても
【個別で分かり合える関係を】
作り続けることで
【個人という点が
   線でつながなる】日も来ます。
288-object-free.jpg
あまり不安がらずに
【自分にちょうどいい
      人間関係を】
作り続けていきましょうね。
posted by whereabouts長谷 at 12:19| Comment(0) | 人間力アップ

2017年10月26日

ギャップは欠点ではない


私は自営業の身ですから、
カウンセリング業務だけではなく
集客のための営業や
SEO対策なども全部
自分でこなさなくてはいけません。

今年2月の移転から半年が経過し
周知いただくための仲間作りや
チラシ配りなどもやっています。

そこで改めて思うのが
「カウンセラー、すげー」
と、言われることですね。

だいぶ世間には
知られるようになった職業ですが
つながりを持つのが初めてだ、
などとも言われました。

相変わらず
特殊な仕事をしているの?
という気持ちが時々ありますが
アメブロ内で書いた
【私も普通の人間】という言葉を
受け止めてもらえないことも
時々あります。

最近は、そうなったときは
【仕事としてやっている】
ということと、
【普段は聴く姿勢に入らない】
ということなどを
伝えるようにしています。

それで
【仕事のONとOFF】
使い分けることに
さらに気をつけているので
プライベートでは
おしゃべりなおばさんですwww

行動の切り替えが
苦手な人たちは
家でも会社でも
同じキャラクターなのでしょうが
特に先生と呼ばれる人たちは
【家族に嫌われやすく】
孤立しがちな人が多いです。

家の中でも「先生」であったり
「上司」をやってしまうと
家族は気が休まりません。

極端な言い方ですが
エスカレートすると
DV加害者と同等の扱いをされます。

【誰に向かって
   口を利いているんだ】
未だ軽はずみに
発言する人がいますが
それが悪いことだとは
気づきにくい状態にあります。

ですから、
私たちカウンセラーも含め
先生や偉い肩書きの人たちは
【敢えてキャラの使い分けを】
心がけるほうが
より人間関係が
充実するのだと思いますが
あなたはどう思いますか?

個人的に私は、
先生と呼ばれる人たちと
プライベートでお付き合いして
可愛らしいギャップを見るのが
大好きなんです♪(^^)
457-sports-illustration.jpg
posted by whereabouts長谷 at 09:09| Comment(0) | 人間力アップ