2018年07月08日

人が忘れてしまう理由

中国四国地方では、大雨による災害で
大変な状況になっていますね。

私の実家も断水していて
でも水を送っても
配送業者が動けないですし
何もできないまま
見守っているところです。

飲み水よりも
トイレやお風呂の水に
困っている人が多そうです。


さて、タイトルのお話。
IMG_8252-540x360.jpg.pagespeed.ce.10spQieA5Q.jpg
大災害などが起きて
日本がパニックになって
でも数年たつと
忘れてしまう人ばかりです。

だけど、本当は
【忘れるしかない】というか
それをずっと恐れていると
【心の病気になってしまうから】

人は【自分を守るために】
忘れてしまう生き物なのです。

もちろん
常に準備を怠らないに
越したことはありませんが
いつ何が起きるか分からない
恐怖に怯えて生きていれば
【日常生活に支障を来します】

だから、
忘れてしまうことを
頭ごなしに責められないのです。


実際、東北の震災後から
我が家でも少しの準備を
継続してきていますが
他のご家庭でも同様、

賞味期限の近づいた
非常食を食べながら
新しいものを補充する生活が
苦しくてたまりませんし、
非常食って高いから
【節約できない】ですよ。

私たちは
どんなふうに
過ごしていけば良いのでしょうね…。
自然相手に立ち向かうなんて
人間の力など
弱っちいものです。

その弱っちい人間同士が
争っているのだから
みっともない。
…なんて考えてしまいました。

まずは、
今回被災された方に
お見舞い申し上げます。

また、
亡くなられた方の
ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by whereabouts長谷 at 12:53| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年07月05日

主体性がない

発達障害の傾向を持つ人もですが
定型発達の人でも当てはまります。

前回のブログに引き続き
仕事において考えてみます。

今回は「指示待ち人間」に
限定して書きますね。


【主体性のない人】では
自ら仕事を
見つけ出すことが苦手です。

ですから職場では
指示されたこと以外は
できません。

それを見て周囲は
「言われたことしかやらない人」とか
【指示待ち人間】だと
レッテルを張るかもしれません。

だからといって
そのまま放置するわけにはいかず
どうしたものかと
上司などは頭を抱えるわけです。

このような場合の対応法としては
同じ作業についてはそのままで、
日替わりの作業は
【リスト化して伝えます】

その際に、最後の項目を
一つ増やしてください。

【次の指示を仰ぐ】です。
020-internet-illustration.jpg
指示する側は
それまでに指示内容を増やし
声をかけられたときに
すぐリストを渡せるようにします。

相談事例では
「これが自分でできないと
   ここにいる意味がない」などと
言われるケースも結構ありますが

比較的
【一部だけ手伝ってもらえると】
残りの作業がこなせる人が
多いのではないかと思います。

そして、これからの時代は
【さらなる作業の細分化】
求められるのだと思います。

ですから、
これを読んでくださった方は
自分自身も、周囲の人も
困った点はないかなどを
改めて振り返ってほしいです。

【人は万能ではないから】

最低限、これができるという
【ボーダーラインの変化】
受け止めるのが
良いのではないでしょうか。

ただし、
苦手を克服せず放置し
いつまでも誰かに
甘えっぱなしでは
見放されてしまいます。
その点は
指示される側もしっかりと
覚えておいてほしいことです。
posted by whereabouts長谷 at 07:14| Comment(0) | 発達障害

2018年07月03日

会社員と個人事業主を比較してみる

前回のブログでは
「起業」という言葉を使いましたが
自分で仕事をするときに
【一人で会社は興せません】

ですから今回は
「個人事業主」という
言葉を使っていこうと思います。

前回をまとめると
後ろ向きなことがきっかけで
個人事業主になった場合
経営のノウハウを
持っていなければ
また、
【明確な目的がなければ】
5年以内につぶれる可能性があります。

会社員が嫌だから…という
気持ちは私もよ〜く分かります(^^;

組織で動くために
自分の自由は利きませんよね。
082-business-peoples.jpg
では、会社員のメリットは何でしょうか?

ざっくりと、
・責任が会社にある
・福利厚生や保険がしっかりしている
・相談できる相手がいる
・全部一人でやらなくていい
・苦手なところをカバーしてもらえる
といったところでしょうか。

もっとメリットだと思うのは
発達障害の傾向を持つ人では
【指示待ち人間が多い】ので
自ら仕事を見つけることができない時
誰かの指示を仰ぐことができます。

仮に、発想力があっても
【計画性がなく無謀に】
なってしまう可能性があって
そういうときに意見をもらえます。

ただ、
そのような
【人との関わりを避けたくて】
個人で仕事をしたいと思っても

実際のところ、個人事業主は
全ての作業をこなすので
人間関係は、より難しい
とも考えられるのです。

人間関係…といいますか
【交渉力】が最低限必要です。

つまり、
苦手が多いから
個人事業主になったとして、
ある程度の仕事はこなせても
【いつか限界が来る】
言えると思います。


本当に、独立を望むなら
しっかりと時間をかけて
勉強してみてください。

私は個人事業主です。
会社員には
今は戻りたくありませんが
以前には、
私を守ってくれていた会社に
感謝しています。

またいつか、違った形でも
関わっていきたいと思いますし
何かの形で
仕事としてお礼がしたいです。

残念なことですが
発達障害の傾向を持つ人たちも
「人からは逃げられない」ことを
いつか知ることになります。
私は、カウンセラーになってから
さらに痛感しているところです。

いつも見守ってくださっている方々、
本当にありがとうございます(^^)
posted by whereabouts長谷 at 15:48| Comment(2) | 発達障害