2019年02月13日

「かわいそう」という感情

日本人は特にそうなのかな…
と思うのですが
「かわいそうね」という言葉を
使う人っていますよね。

サラッと言うのではなくて
心からじわっと言う感じの
「かわいそう」という意味です。

それは、
【共感の域を越えています】
こうした愛他意識などは
文化や成育環境の影響を受けています。

カウンセリングの場面では
同情ではなく共感するのですが
もしカウンセラーが
同情してしまったとしたら
【職域を超えた
   対応をしてしまい】
それでうまくいくことも
あるとは思いますが
ほとんどのケースで
【悪化もしくは共倒れ】
なってしまうでしょう。

そして、今は昔と違って
協調性を必要としながらも
【個人主義の時代】ですから
(特に都会では)
同情する人もされる人も
多くの人たちが
・自分の足で立ち
・自分で意思決定をし
・自分をアピールする
ことなどを求められます。

ですから、
たとえ家族関係であっても
「かわいそう」の領域で
助け合っていると
【社会に適応できなくなる】
可能性があるのです。

かといって
見棄てればいいのか、
ということではなくて
【自分のことは自分で】
というスタイルが大切です。

家族同士って
甘えが強くなりがちですよね。
お互い、頼ってしまおうと
するのは当たり前のことです。

けれども
【社会との関わりは
    避けられない】ので
みんなで話し合って
どこまで寄りかかるのか
線引きをしておくと良いです。
gahag-0119059296-1.jpg
また、他人であっても
その場の感情で判断せずに
【援助して良いかどうか】
しっかり考えてください。
時に「かわいそう」というのは
【相手に失礼な場合があります】

というのも、その人自身は
自分をかわいそうだなどと思わず
自分で頑張ろうとしているのに
「かわいそうな人ね」と
頼んでもいないのに
先回りして援助されたら
【成長を阻害されて】しまいます。

私たちは、
協調を保ちながらも
【一個人として生きる】覚悟が
現代には必要なのだと思います。

あくまでも
私個人の視点ですから
意見として受け止めて
いただけると幸いです。
posted by whereabouts長谷 at 07:32| Comment(0) | 人間力アップ

2019年02月10日

大人の発達障害と薬物療法

周囲が特性に気付かなかったり
親に受け入れてもらえなかったり
色々な理由があったため

小さい頃に診断を受けられず、
また療育を受けることもできず
大人になってしまって
困っている人たちが
世の中にはたくさんいます。

そのような人たちが
私の所で相談されるのですが
最近思うことがあって
【トレーニングの効果が
      出ないタイプ】
についてです。

例えば、
・苦手が多い
・周囲と自分の温度差
・より改善したい
といったことに対しては
【具体的な対応が可能で】
ケースごとに一緒に考えて
克服してもらうことが
可能なのですが、

【やる気が出ない】という
そもそもの問題…
【脳の覚醒に関する相談】
正直言って難しいです。

これまでのケースだと
比較的ADHDタイプに
多いかなぁ…という
私個人的な感想ですが

やる気がない人に対して
どう提案したところで
動けないのだから
お互い困っているだけ、
という状況なのです。

こういった場合には
私の技量では無理なので
病院での受診を
おススメすることがあります。

法律に触れてしまうので
詳しくは書けないのですが
ドクターの判断と
当事者の意思によって
薬物療法を受ける方が
良いこともあります。
gahag-001151.jpg
それでも、どうしても
病院がイヤ!という人には
【運動量を増やす】ことを
試してもらいます。

単純なのですが
脳を覚醒させるには
運動が一番かと思います。

私が対応できるのは
「それなりに
  やる気がある人」です。
何らかの原因があって
やる気が出ない場合や
それが一時的な場合でないのなら
病院に行くことも
選択肢に加えてみてください。
posted by whereabouts長谷 at 16:55| Comment(0) | 発達障害

2019年02月08日

立場の置き換えができない

発達障害傾向を持つ人たちは
【想像力の弱さ】があって
表面上の人の気持ちは分かっても
【推し測る】ことは苦手です。

例えば「イヤだ」の言葉一つでも
ちょっと嫌なのか死ぬほどなのか…
相手の声色から想像できず
【あくまでも自分の感覚】なので
相手との気持ちに
ズレが生じてしまいます。

そのため、
【相手の立場に立って
       考えられず】
相手が泣いていたとしても
平気な顔をしていたり
テレビ番組の悲しい場面で
笑っていることもあります。

だから周囲の人たちに
嫌われやすくなるのです。
590-peoples-free.jpg
では、彼らにも
その気持ちを知ってもらうために
できることは何かと言いますと
【ストーリーを作って伝える】
ということです。

自分で立場を置き換えられないので
代わりに周りの誰かが
当事者のストーリーを作って
伝えてあげるのです。
そうすることで想像し、
気持ちが分かることがあります。

ですが、
想像力の弱さが酷すぎると
ストーリーですら伝わらず
「〜だと悲しいよね?」と
問いかけたとしても
「え?何で?」などと
返事されるかもしれません。

この場合には
【そういうものなんだよ】
という言葉かけを
するしかありません。

その際、必ず伝えるのは
【あなたが
  思っていることと
    他人の考えは違う】
ということです。

彼らは、
自分と他人が何か違う
ということの自覚があっても
【自分が正しいという
    強い思い込み】
持っていることが多いので
【他人に否定的】です。

【自己完結型】のため
人と関わりながら
意見や思いを
すり合わせることなく
自分が正義になりやすいのです。

だから、
「〜の場合、こういう気持ちだ」
といったように
彼らの心に響かせる
目的をとらず
【あなたのマニュアルに
   登録してください】という
方法を選択しましょう。

これを読んでいるあなたが
当事者の場合には、
自分のマニュアルを増やすため
「こういう時、どんな気持ちですか?」
といった
【質問をして覚えましょう】
posted by whereabouts長谷 at 07:26| Comment(0) | 発達障害