2019年08月06日

そんなこともできないの?

前回、
発達障害傾向を持つ人たちは
コミュニケーションを避けることで
人間関係のなかで自然に身に付く
日常的なスキルが低くなる…
といった話をしました。

その最後に宣言しましたので
多くの事例の中から
具体的なケースについて
とりあえず2つ紹介しますね。

(この記事書くの、
 めっちゃ時間かかりました(^^;
 更新遅れてごめんなさい)
*********************************
【物をすぐに壊す】
何かを購入した際には、
取扱説明書が付いていますよね。
ですが、読むのが苦手だったり
説明書が読めたとしても
実物に当てはめられなかったりするため
購入物の構造が理解できないまま
勘で物を扱ってしまう人が多いです。

また、
同じ構造の物を持っていたとしても
それと同じものだと認識ができず
構造が把握できず
やはり勘で扱ってしまいます。

そうすると、
物が壊れてしまうのです。

さらに、取扱説明書には
使用方法だけでなく
メンテナンスのことなども書かれていて
そこまで知らないまま使うので
早くに壊れてしまう可能性があります。
gahag-0038810540-1.jpg
【いちいち音を立てる】
上記のことにも含まれるのですが
力加減が上手でない人が多いです。

例えば、お皿を持っていたとして
テーブルの直前までは
スッと手を伸ばしますが
置く時にはゆっくりと置きますよね。

そのコントロールができないので
彼らはテーブルの上に皿を
ドンッと置いてしまうことがあります。

ドア、足音、モノの扱いなど
割と共通していると思います。

これは、
発達性協調運動障害
関連しているのだと思います。
gahag-0103532972-1.jpg
*********************************
これも、
色々な場面に当てはまる例ですが
私たちにしてみれば
「そんなこともできないの!?」と
思えてしまうことが多いかもしれません。

ですが、本当にできないのです。

だから日常的に
どんな大人であっても
【トレーニングするしかない】
考えてほしいと思います。

今回は、行動面などで書いたので
次回は「マナー」について
書けたらいいなぁ…書けるかなぁ…笑。

更新、がんばりますね(^^)
posted by whereabouts長谷 at 18:00| Comment(0) | 発達障害

2019年08月03日

経験不足が多い、と考える

発達障害傾向を持つ人たちの
特性は大きく3つあります。
(アスペルガータイプ)
・人間関係の問題
・想像力の欠如
・コミュニケーションの問題

そして、相談の中では
その特性の「周辺」について
触れることが多いです。

”こういうことがあるよね”といった
実際の場面に基づいて説明すると
上記の3つ以外のことが
たくさん出てくるのです。

そして、
大人の発達障害傾向の場合には
【経験不足が目立ちます】

どういうことかというと
幼少時代から苦手が多く、
かといってグレーの子どもなので
親からすれば普通の子どもに見え、
必要なスキルを習得することなく
【苦手を放置したまま成長】
社会に出ていることが多いのです。

その中でも典型なのが
【人との付き合い方】です。

コミュニケーションがちょっと苦手。
表面上は、やりとりできる。
でも、
・人の会話についていけない
・言葉の意図が分からない
・比喩などが理解できない
といったことから
私たちが普通に話している中で
成立する言葉のやりとりが
大人になっても、
未だ理解できていないと考えられます。

そして、大人の今も
誰からも解説してもらえないので
【深い付き合いができないまま】
毎日を過ごしていると考えられます。

そうすると
単に、コミュニケーションだけでなく
【日常的にも影響が出るので】
一般的に「普通」と言われている
生活を送ることができません。
451-peoples-free.jpg
私たちは、人との関わりがあってこそ
多くの経験値を積むことができるのですが
人を避けるということによって
【多くの経験不足が生じる】
というふうに考えられます。

得意なのは
【狭い範囲の興味ある分野だけ】
生きて行く上での必要なスキルは
獲得できないまま年をとる、
という危険が潜んでいます。

こういった問題を軽減するためには
【常にアドバイザーとの連携を】
とっておかなくてはいけません。

自分は大丈夫かな?
ちょっと心配だな…と
思われる人は
早めに支援者を探しましょう。

次回は、
具体的な経験不足について
書けるといいな、と思うのですが
事例が多すぎて
ちょっと自信がありません(^^;
遅れた場合にも
いずれは紹介したいと思います。
posted by whereabouts長谷 at 07:07| Comment(0) | 発達障害

2019年08月01日

体温調整に気をつけて

関東も梅雨明けし、お日様がギラギラ
とてつもない暑さに見舞われています。

そんな中、
昨日はやっとお休みをいただき
息子と日帰り温泉に行ってきました。
(埼玉県川越市)

お風呂の後のビール♪
冷たいうどんが最高でした。

そして、せっかくなので
観光して帰ろうということになり
テレビでよく見る、蔵の街へ行きました。

すると、この暑さですから
帰宅で駅に向かう頃には
後頭部の頭痛とめまいが起こり
熱中症手前の症状が出てしまったのです。

暑い日は、
無理をしてはいけませんね。
気をつけようと思います。
P3036265-500x375.jpg
ところで、
発達障害の傾向を持つ人たちには
【暑い寒いが分からない】
という人が多いと思います。
【体温調節も苦手】
例えば、
真冬に半そでのシャツを着ていたり
夏でも毛布を掛けて寝ていたり
その季節に合わないような
格好をしていたりします。

このような場合に
どう対応するかというと
【目安表の作成】
良いかと思います。

例えば、
気温20℃のときは
「カーディガンを羽織る」
気温25℃のときは
「半そで」といった表を
【着替えの場所に貼り付けて】
それを見ながら
服を選ぶと分かりやすいです。

また、
エアコンを使うかどうか
毛布をかけるかどうかなど
”条件が複数の選択”では
【フローチャート】を作成し
利用することをお勧めします。

そういえば、
外国人には日本人よりも
体温が高い人がいるようなので
冬の半そでは浅草あたりだと
あまり気になりませんが(^^;

体調不良にならないのなら
それでも良いのですが
低体温症、熱中症には
十分に気をつけましょうね(^^)

posted by whereabouts長谷 at 07:13| Comment(2) | 発達障害