2018年09月05日

発達障害と自動車運転事故率

18歳以上になれば
自動車の運転免許取得に向けて
自動車学校等に通うことができます。

将来のために
免許を取得することは
大切なことではありますが、

発達障害の傾向を抱える人たちが
自動車を運転することの
リスクも考えることが
必要なのではないかと思います。
IMG_9033-540x360.jpg.pagespeed.ce.OA63TwmMXx.jpg
例えば、
・カッとなりやすい
・とっさの判断ができない
・刺激でパニックを起こす
という特性を持っている場合、

暴走行為や
ブレーキが踏めないなどの
危険が想定できます。

運転中にボーっとしたり
追い抜かれた車に
イラっとしたり、
思い浮かべると
多くの危険ばかりです。

もっと時期をさかのぼると
免許取得のための
教習所時代に関しては

・教官の指示が分からない
・学科の内容が理解できない
・継続して通えない

といった問題も
あるでしょうね。

それでもなんとか
免許が取得できたとしても
【事故率は高い】ことを
知っておいてほしいと思いました。

仮に、事故を起こしたとしても
発達障害であることは
【言い訳にはなりません】

自分の運転に
責任を持たなくてはいけないのです。

その逆に、
歩行者の立場としても
常に気をつけておきたいのは
【ドライバーの人たち】の中にも
たくさんの発達障害者がいる
ということです。

ですから、
青信号だからといって
安心していないで
【周囲を警戒してください】

こんなふうに言うと
安心して過ごせない
感じがしますよね。

ただ、ちょっとした警戒は
常日頃大切だ、ということなのです。
100%何か(誰か)を
信じるのではなく
多少の
【疑いの目を持つ】ことも
時には大切だと思います。
posted by whereabouts長谷 at 11:00| Comment(2) | 発達障害

2018年09月02日

「似てる」が好きな人と嫌いな人

よく、恋愛テクニックなどでは
「相手と同じ仕草をしましょう」
と、いうことが言われています。

なぜなら人は、
相手が同じ仕草をすると
【親近感がわく】
言われているからです。

例えば、
同性でも異性でも
新しい出会いがあったとして
その人との境遇などが
似ていると知った時には
心の距離が縮まります。
shoyama20160720-270x360.jpg.pagespeed.ce.VOaYDoOE7T.jpg
そのときの心理状態として
【分かり合えるのではないか】
という自分なりの仮説が
心の中に浮かんでいます。

だから、
似たところをもっと見つけたくて
【たくさん話したくなる】のです。


その逆で、
【似てないから興味がある】
という考えの人たちもいます。

本来は似ていた方が
分かり合えそうなのですが
それ以上に
【新しいものを取り入れる】
ということを優先させて、

その先に
【自分の成長を助けてくれる】
という気持ちが働いているなど
成長を求めている場合かな、
と思います。

この、
それぞれのタイプの人同士が
偶然出会ってしまうと、
片方は仲良くなりたいけど
もう片方は
避けたくなるかもしれません。

私たちが常にそれを考えて
行動しているわけではありませんが、
【仲良くなりたいのに
      なれなかった】という
残念な経験をした人は
もしかしたら【タイプ違い】
だっただけかもしれませんよ。

だから、落ち込まないで
また新しい出会いを
探しに出かけてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 15:43| Comment(0) | 人間力アップ

2018年08月30日

子供の立場で考えてみる

カウンセリングでは
子育てにかかわることで
・何を考えているか分からない
・何も話してくれない
・相談してくれない

といった
親の立場からの相談事例が
数多くあります。
IMG_8687-150x100.jpg.pagespeed.ce.yrk8QI64Yv.jpg
詳しく話を伺う中で
色々な疑問を投げかけ、
さまざまな矛盾に気づき
でも、
【子供が大きくなるほど
      修正不可能に】
なりやすいことにも
気がついてしまいます。


例えば、
本来は向き合うべき
タイミングなのに
「思春期なんてそんなもの」とか
「先生や友達に頼るだろう」などと
親としては
【見守っているつもりの】ことは、

意外と、子供の立場からは
【ほったらかしに
    されている】
感じてしまうことも
多いものです。

「だったら相談しなさい」と
親なら言うでしょうね。

それも子供の立場では
【どうせ否定される】
【考えを押し付けられる】
【気持ちを分かってくれない】
などと思ってしまうことも多く、

最終的には
【口を閉ざしたほうが楽だ】
という方法を
選択してしまうのです。

これが、
子供のことが分からなくなる
メカニズムの一部です。

今、小さいお子さんを
育てている親御さんは、
【自分に正直に】
【反省できる自分を作り】
【大人ぶらない対応で】
子供と向き合うことを
お勧めします。

【教える=偉そうぶる】
という公式を
捨ててください。

そして、
子供がすでに
大人への道の完成時期にいる
親御さんは
【関係修復まで
   20年待つくらい
     待つつもりで】
ほどほどの
  距離を取ってください。

ムリに修復しようとすると
子供は大人になりきれず
中途半端な立ち位置に置かれ、
【気持ちの整理が
     できません】

特に実家暮らしでは
さらに重要なことで、
【自立心に影響します】

率直に表現しますと、
子供が生まれたからと言って
【親の自覚は不要】
私は思っています。

それ以上に大切なのは
【同じ人として
   対等な扱いで
      育て上げる】
ことだと思います。

主観が色々と入りましたが
お役に立てると幸いです。
posted by whereabouts長谷 at 09:48| Comment(0) | 子育ての参考に