2019年05月02日

令和の時代もよろしくお願いします

昨日は新天皇即位で
日本中がお祝いムードでしたね。
令和婚の人も
素晴らしい記念になったでしょう。

私事では、
令和「初」の飲み会で
短大のパイセン(K)と会いました。
その方とも初めての飲み会で
スクーリングで2日間
一緒に過ごした人です。

医療関係の方なので
現場の声などを集めるために
仕事の一環でもありました。

Kさんは3月で卒業され
次は大学に編入予定ですが
これまでの感想で
「もっと知り合いを
  増やしておけばよかった」
とのことです。

社会人枠の大学生は
立場がみんな違うことや、
通信制で会うことが少なく
なかなか距離を縮めることが
上手にできないことが多いです。

大人になると、
なかなか友達ができない。
だからこそ
【限られた縁を大切に】
積極的にいかなければ…
と改めて感じた次第です。

それで、
学生時代とは違って
個々に立場が異なれば
それは【かえってチャンス】
考えることができます。
gahag-0060537050-1.jpg
なぜなら、
若い人たちは不安なためか
グループを作ったりしますが
社会人の大人たちは
個人単体で動けるので
【派閥ができにくい】という
可能性が高いからです。

誰かと繋がりたいとき
大切にしたいポイントは
立場の違いなどに対して
・相手を肯定的に
・新しい情報として
・興味を持って
・同じ目線で
話をしてみましょう。

例えば、
保護者の立場なら
みなさん異なっても
子供という【共通点が】
【比較の対象に
   なってしまいます】

そのような
共通点がない立場であれば
新鮮な気持ちで
相手と接することが
できるかもしれません。

新しい時代になりました。
私もあなたも気持ちを一掃し
新たな気持ちで
これからの時代を
過ごしていけると良いですね。
posted by whereabouts長谷 at 06:29| Comment(0) | 人間力アップ

2019年04月30日

暗黙の性格観

世の中が「平成最後の…」という
言葉を楽しそうに使っているので
私も便乗して、
【平成最後のブログ更新】
したいと思いますwww

今回は、
「こういう言葉があるよ」的な
お話で

心理学の中に出てくる言葉では
【暗黙の性格観】
いうものがあります。

難しい説明は私も苦手なので
簡単な表現で説明しますと…

【個人の勝手な思い込み】
みたいなものです。

例えば、
怖い顔の人は性格も怖いとか
無口な人は冷たいとか
【そうでない人もいるのに】
偏見を持ってしまっていることです。

発達障害傾向を持つ人たちは
【思い込みが強い】ので
その個人が持つ偏見や
偏った認知がとても強く根付き
他の考えを取り入れるのが
なかなか難しいようです。

相談の中よく聞く口ぐせは
【絶対そうに違いない】
私が、
その話を詳しく聞いてみると
暗黙の性格観の部分を
多く感じてきた気がします。

ですが、驚くことに
【尊敬できる人に出会うと】
昨日とは真逆のことを信じて
またそこでも揺るぎません。

偶然にも新しい体験をすると
以前の発言をひるがえして
自分はそんな考えは
みじんもないという態度を取ります。

いずれにしても
【根拠となるものを示せない】
ことが多いかなぁ、と感じます。

思い込みの部分は
引き続き記事にしていく予定ですが
ひとまず、
このようなことって
なるべく少ない方がいいですよね。
335-peoples-free.jpg
偏ってしまわないためには
【定期的な振り返りの時間を】
作ることが大切ですし
【他者の意見も情報として】
自分の中に
ストックすることも大切です。

どういう考えを持つのも
個人の自由ですが
「〜は〜だ」の考え方に
【当てはまらないことが多い】
ということを踏まえて
自分の意見を持つことが
人付き合いでは必要かと思います。
posted by whereabouts長谷 at 12:30| Comment(0) | 発達障害

2019年04月27日

記憶が書き変わる

発達障害傾向を持つ人と
関わる周囲の人たちの中での
困りごとの一つとして
【当事者の記憶が書き変わる】
というものがあります。

発達障害傾向当事者には
【短期記憶が弱い】という
特性があるのですが
例えば、5分前の
【自身の発言を忘れて】
その発言が
なかったことになってしまうという
困ったことが起きます。

それから
【脳内で言葉を組み立てる】
ことが苦手という人も多く
聞いたこと、話したことに対する
【言語理解の遅れ】
関係していると思います。

このようなことがあるので
自分が言ったことも
【相手が言ったことになり】
トラブルになってしまいがちです。

私が経験したエピソードでは
メールのやりとりの中で
「今日何食べる?」という話。

突然相手に
「鍋にしたいって言ったのそっちじゃん。
 忘れたの?頭おかしいんじゃないの?」
…と私は言われてしまいました。

私はそのようなことは
一言も伝えていなかったので
「もう一度、メールを読み返して」と
相手に伝えたところ誤解は解けました。

なぜ、このようなことになったのか。
その原因は
《後ろで話していた人が
   鍋の話をしていたから》です。

ぶっちゃけ、ひどいですよね。
自分が間違っておいて
私の頭がおかしいと言いました。
冗談じゃない(`‐ω‐´)

しかも謝らないし、
翌日には記憶から消去されます。
人を傷つけておいて
何事もなかったことにしてしまう。

これは一例ですが、
このようなことの積み重ねが
【関係崩壊や
  カサンドラ症候群を招く】のです。

※当事者自身の発言を
 相手が言ったことにしてしまう
 パターンも多々あります。
594-peoples-free.jpg
ただ、そうはいっても
【特性の一つである以上】
周囲もある程度は仕方ないと思い、
やりとりはなるべく
振り返りが可能な
【文面でやるのが望ましい】
と、私は考えています。

ここで気をつけたいことは
私が正しかったから、
私が勝った!と思わないことです。
勝ち負けの問題ではなくて
【相手に自覚してもらうために正す】
ということを意識します。

それによって
発達障害傾向の当事者たちが
【絶対に正しいという思い込みを】
外せるようになります。

そして、
「あ、間違っちゃった。ごめんね。」と
素直に認めて修正できる関係を
目指していくことが理想ですよね。

正義か悪か、ではありません。
あくまでも【苦手の一つとして】
支援できる範囲で
お手伝いする心がけをしましょう。
posted by whereabouts長谷 at 07:12| Comment(0) | 発達障害